大学出版部協会

 

 グローバル化論との結合の試みヴェーバー社会科学の現代的展開

ヴェーバー社会科学の現代的展開 グローバル化論との結合の試み

A5判 254ページ 上製
価格:3,520円 (消費税:320円)
ISBN978-4-88125-180-5(4-88125-180-5) C3036
奥付の初版発行年月:2006年09月

内容紹介

労働力・資金・情報が国際規模で拡大・流動するグローバリゼーションの時代と、ミクロ-マクロリンケージ理論としてのヴェーバー現代社会学は、どう関係し繋がっているのか。

著者プロフィール

川上 周三(カワカミ シュウゾウ)

1949年 岐阜県生まれ。
1979年 名古屋大学大学院文学研究科博士課程中退。
現在,専修大学人間科学部教授。[専攻]宗教社会学,政治社会学,現代社会学理論。
『現代に生きるヴェーバー』勁草書房,1993。『攻撃衝動の社会学―ニーチェ・ヴェーバー・タイセン』勁草書房,1996。『資本主義経済システムの光と影―システム論からヴェーバーを解く』新泉社,1998。「浅草の宗教と社会 ― 三社祭りを中心にして」『専修大学人文科学年報』32号,2002。「宗教とグローバル化 ― 文化変容の問題を中心にして」『専修大学人文科学年報』35号,2005。「賀川豊彦の社会思想とその実践及びその現代的展開 ― 協同組合論を中心にして」『専修大学人文科学年報』36号,2006。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次


第1章 ヴェーバーと現代社会学理論
第2章 ヴェーバー社会学の構成とその意義
第3章 ヴェーバーの政治社会学と現代ナショナリズム論 ― グローバリゼーションの視圏からの一検討
第4章 マックス.ヴェーバーと賀川豊彦 ― その社会科学的思考の比較の試み
第5章 宗教とグローバル化 ― 文化変容の問題を中心にして


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。