大学出版部協会

 

 現代女性作家の変身譚歪む身体

歪む身体 現代女性作家の変身譚

A5判 222ページ 並製
価格:2,640円 (消費税:240円)
ISBN978-4-88125-112-6(4-88125-112-0) C3095
奥付の初版発行年月:2000年04月

内容紹介

津島佑子『寵児』、川上弘美『蛇を踏む』などの5作品の中に、現実とフィクションとの境界の消滅、さらに男/女といった二項対立の解体を指摘し、ジェンダー・アイデンティティの視点から分析する。

著者プロフィール

カトリン・アマン(アマン,K. (Katrin Amann))

1968年 オーストリア生まれ。
ウィーン大学日本学・ロマンス語専攻卒業(文学修士)
1994年 早稲田大学大学院文学研究科委託研究生。
1999年 専修大学大学大学院文学研究科国文学専攻博士後期課程卒業。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序章  越境する身体、拡散する意味
第一章 規定に反動する身体 ― 津島佑子『寵児』
第二章 性的アイデンティティの拡散 ― 松浦理英子『親指Pの修業時代』
第三章 窃視、検閲と現実の構築 ― 多和田葉子『犬婿入り』
第四章 境目が消える日常 ― 川上弘美『蛇を踏む』
第五章 万華鏡としての記号 ― 笙野頼子『母の発達』
終章  女性の規定を越えて


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。