大学出版部協会

 

 手仕事の里を訪ねて残るものと亡びゆくものと

残るものと亡びゆくものと 手仕事の里を訪ねて

四六判 294ページ 上製
価格:2,090円 (消費税:190円)
ISBN978-4-88125-032-7(4-88125-032-9) C1060
奥付の初版発行年月:1984年12月

内容紹介

わが国の古い伝統工芸品には、後継者問題で衰退していくものがあるが、生活に欠かせないものも多い。写真や挿絵を入れて、その見聞と考察を交え、哀歓の情をこめた記録となっている。日本図書館協会選定図書。

著者プロフィール

古島 敏雄(フルシマ トシオ)

1912年 長野県に生まれる
1936年 東京大学農学部農業経済学科卒業
1956-73年 東京大学農学部教授
1974-83年 専修大学教授
現在 東京大学名誉教授,農学博士
主な著書 「古島敏雄著作集全6巻」(東大出版会)「日本農業史」「土地に刻まれた歴史」「近世経済史の基礎課程」(以上岩波書店)「産業史Ⅲ」(山川出版社)「大正時代の子供たち」(平凡社)ほか多数.

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

第一部 残る手仕事と亡びゆく手仕事
 Ⅰ 王侯貴族の工房
 Ⅱ 大正期の民具生産
第二部 伝統的工芸の今の姿
 Ⅰ 伝統工芸といわゆる民芸への関心
 Ⅱ 西陣と金襴
 Ⅲ 丹後の絹織物地帯
 Ⅳ 越前和紙の里 ― 福井県今立町大滝
 Ⅴ 和装本・表装業等の姿
第三部 民具生産地の旅
 Ⅰ 町でみかける会津特産物のいろいろ
 Ⅱ 会津漆器の全過程 ― 木地から蒔絵まで
 Ⅲ あけび蔓細工・本郷焼・からむしの里
 Ⅳ 神奈川県秦野市の竹工業


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。