大学出版部協会

 

 ~笑って生き生き~笑いの力

笑いの力 ~笑って生き生き~

四六判 294ページ 並製
価格:1,540円 (消費税:140円)
ISBN978-4-87354-505-9 C0036
奥付の初版発行年月:2010年12月 / 発売日:2010年12月上旬

内容紹介

人間は誰でもが「笑いの力」を持っているが、その力の可能性については十分な認識を持ってこなかった。現在の閉塞感を突破していくためには、何よりも個人と社会の元気が必要だ。自分を笑い飛ばし、未来に向けての新しいエネルギーを汲みだす「笑いの力」について認識しなおし、その力の効用について訴える。


目次

第一章 笑いを学問する
 1 穏やかでやさしい大阪言葉
 2 大阪学の原点はミナミにあり
 3 謡や小唄は大阪商人の常識
 4 誤り正す努力すべきだった
 5 商人の町大阪は口の文化
 6 緊張感を和ませる潤滑油
 7 気持ち切り替える役割も
 8 正月はええ顔せんとあかん
 9 不思議な効用を広く考察
10 ユーモアには“ゆとり”の心を
11 「勉強し直そう」と関西大学に
12 人間であることの証し
第二章 笑いとコミュニケーション
 1 コミュニケーションの特効薬
 2 笑いとコミュニケーション
 3 ユーモアと社会の成熟
第三章 不思議な力を持つ笑顔
 1 新生児微笑の不思議
 2 笑顔が人と人をつなぐ
 3 笑顔で人間関係を円満に
 4 笑顔の威力
第四章 笑って生き生き
 1 笑いと学校
 2 生きる力
 3 生き生きシルバーライフ
第五章 笑いと心身医学
 1 生きる「バランス剤」としての笑い
 2 笑うという行為
 3 笑いを「ホメオスタシスの原理」から考える
第六章 笑いと心
 1 笑いと心のゆとり
 2 心を空っぽに
 3 「潜在的笑い力」について
 4 笑いの力
第七章 笑い学のすすめ
 1 「日本笑い学会」について
 2 「笑い学」の提唱
 3 潜在的笑い力
 4 人間はなぜ「笑う力」を持っているのか
 5 笑う前と笑った後との比較
 6 笑いの「ポンプ効果」
 7 笑いの研究と教育
あとがき
初出一覧


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。