大学出版部協会

 

 美術でひもとくオランダと日本の交流史A Narrow Bridge(一本の細い橋)

A Narrow Bridge(一本の細い橋) 美術でひもとくオランダと日本の交流史

B5変 256ページ 並製
定価:6,000円+税
ISBN978-4-87259-701-1 C0020
奥付の初版発行年月:2020年03月 / 発売日:2020年04月中旬
発行:大阪大学出版会  
発売:大阪大学出版会
この大学出版部の本一覧
在庫あり

内容紹介

本書は、アムステルダム国立美術館とオランダの出版社Vantiltの共同出版物『A Narrow Bridge: Japan and the Netherlands from 1600』の翻訳書で、同美術館及び他機関所蔵の美術工芸品等を美しい写真で見せながら、4世紀にわたる日蘭関係史の大きな流れを解説するものである。
収載された国家間の関係を物語る豪華な献上品や貴重な歴史資料、および同美術館所属の日本文化研究者とオランダ史研究者の合作によるテキストは、それらの品々が伝える意味を解きほぐし、それぞれの時代に生きた人びとを生き生きと描き出しており、類書にない特徴となっている。

著者プロフィール

ヤン・デ・ホント(Jan de Hond)(ヤンデホント)

アムステルダム国立美術館歴史部門研究員。専門は17世紀の歴史。

メンノ・フィツキ(Menno Fitski)(メンノフィツキ)

アムステルダム国立美術館アジア美術部門長。専門は柿右衛門、漆器を中心とした日本美術史。

松野明久(マツノアキヒサ)

大阪大学大学院国際公共政策研究科教授。大阪大学適塾記念センターオランダ学研究部門(兼任)。専門は国際政治学、紛争研究。

菅原由美(スガハラユミ)

大阪大学大学院言語文化研究科准教授。大阪大学適塾記念センターオランダ学研究部門(兼任)。専門はインドネシア史、イスラーム史。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序文
はじめに

 INTERMEZZO 01 歴代オランダ商館長の氏名を記した漆塗りのパネル

ESSAY 01 リーフデ号の日本到着

ESSAY 02 最初の公式接触と平戸定住

 INTERMEZZO 02 日本の小判

ESSAY 03 日本を出た日本人

ESSAY 04 出島

 INTERMEZZO 03 ある出島の家族の物語

ESSAY 05 芸術と知識の交流

 INTERMEZZO 04 日本の漆塗り箱からできたキャビネット

ESSAY 06 日本とオランダの関係の変容

 INTERMEZZO 05 ブレイトネルと「ミカドの国」

ESSAY 07 20世紀—新たな関係の展開


参考文献
図版リスト
索引
訳者あとがき


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。