大学出版部協会

 

グローバル人間学の世界

グローバル人間学の世界

A5判 254ページ 並製
定価:2,400円+税
ISBN978-4-87259-296-2 C3030
奥付の初版発行年月:2011年04月

出版部から一言

紛争,難民,災害,地球温暖化,資源・食糧問題など,現代世界がかかえる深刻な課題を解決するには,グローバルな視点とローカルな知を結合した総合的な研究と実践が求められる.
新しく創設されたグローバル人間学科が総力を結集して作る, 人間開発学と地域研究に立脚した学際的な入門的教科書.

著者プロフィール

中村 安秀(ナカムラ ヤスヒデ)

大阪大学大学院人間科学研究科 教授

河森 正人(カワモリ マサト)

大阪大学大学院人間科学研究科 教授

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序章 グローバル人間学とは何なのだろうか

1章 教育と国際開発 アフリカ地域の初等教育を中心として

2章 グローバル・ヘルス

3章 エンパワーメントを希求女性たち 人身売買「被害者/犯罪者」という二項対立を超えて

4章 章国家と個人の間にある経験 ベトナムにおける戦争の記憶

5章 「伝統」の継承を考える インドネシア・ジャワ島の舞踏を事例として

6章 北東アジアの先住民 伝統と変化

7章 文化を生み出す女性 
フィリピン・セブ島における中国系移民の遺産相続をめぐる事例から

8章 多言語共生社会に向けて

9章 難民と人道支援 共感と連帯を求めて

10章 生きるための連帯 HIV/AIDSとともに生きる人びと

11章 グローバル化する環境問題への挑戦 文理融合研究の新たな可能性

12章 国際協力の新しい分野 スポーツを通じた開発

13章 生活の安心・保障とコミュニティの「つながり」 その関係を問い直す





一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。