大学出版部協会

 

 1980-90年代のジレンマ規則と生徒指導

K. G. りぶれっと
規則と生徒指導 1980-90年代のジレンマ

A5判 152ページ
定価:1,400円+税
ISBN978-4-86283-301-3 C3037
奥付の初版発行年月:2020年04月 / 発売日:2020年04月中旬

著者プロフィール

中尾 豊喜(ナカオ トヨキ)

1958年、長崎県生まれ
兵庫教育大学大学院学校教育研究科学校教育専攻生徒指導コース修了

現  職:大阪体育大学体育学部 准教授(2020年4月より教授)
専門分野:学校教育学(生徒指導、特別活動)、教師教育学
著書等:編著『こどものキャリア形成』幻冬舎ルネッサンス新社(2020年)、編著『小・中・高等学校「総合的な学習・探究の時間の指導」─新学習指導要領に準拠した理論と実践』学術研究出版(2020年)、共著/日本特別活動学会編『三訂 キーワードで拓く新しい特別活動』東洋館出版社(2019年)、共著『21世紀社会に必要な「生き抜く力」を育む 特別活動の理論と実践』学術研究出版(2018年)、共著『中学校における「特別の教科道徳」の実践』北大路書房(2016年)、編著『家づくり・街づくりを考える』大和ハウス工業(2012年 ※第6回キッズデザイン賞最優秀賞/消費者大臣賞受賞作)、編著『シティズンシップ教育・キャリア教育・環境教育』東京書籍(2007年)など

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

まえがき

第1章 人間と学校教育
 Ⅰ 社会のなかの学校
 Ⅱ 学校における生徒指導

第2章 生徒規範の研究
 Ⅰ 1980-90年代の教育諸課題
 Ⅱ 学校批判と依存
 Ⅲ 課題の所在群(脱学校と教育の目的)
 Ⅳ 研究の目的と意義
 Ⅴ 基本的な概念の確認
 Ⅵ 生徒指導の射程
 Ⅶ 生徒規範にかかわる先行研究・事例

第3章 生徒規則の裁判例
 Ⅰ 生徒心得・生徒規則の訴訟
 Ⅱ 公立中学校の裁判例
 Ⅲ 裁判例の分析

第4章 生徒規則の法的焦点
 Ⅰ 戦後教育裁判の変容
 Ⅱ 学校利用関係諸説
 Ⅲ 子どもの権利条約と生徒規則
 Ⅳ 保護者の教育権と生徒規則
 Ⅴ アメリカ合衆国の「生徒行動ハンドブック」

第5章 生徒規則の策定・改正
 Ⅰ 生徒規則を定義する
 Ⅱ 法社会学的にみた生徒規範の性格
 Ⅲ 文部省「校則の見直し」
 Ⅳ 年度毎の改正と合意形成
 Ⅴ 策定・改正の視座と意義

あとがき
資 料


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。