大学出版部協会

 

死とスピリチュアルケア論考

死とスピリチュアルケア論考

A5判 380ページ
定価:4,800円+税
ISBN978-4-86283-283-2 C3047
奥付の初版発行年月:2019年10月 / 発売日:2019年10月上旬

著者プロフィール

窪寺 俊之(クボデラ トシユキ)

1939生まれ、埼玉大学、東京都立大学大学院に学び、米国エモリー大学神学研究科を修了(M.Div.)、コロンビア神学校神学研究科修了(Th.M.)、博士(大阪大学)、米国リッチモンド記念病院元チャプレン、米国イーストベイ・フリー・メソジスト教会元牧師、淀川キリスト教病院元チャプレン、関西学院大学神学部元教授、聖学院大学大学院元教授、現在、客員教授。スピリチュアルケア学、死生学、牧会学。日本スピリチュアルケア学会副理事長、日本臨床死生学会常任理事、日本臨床宗教師会副会長、日本ホスピス財団評議員。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

第Ⅰ部 死と向き合う
第一章 魂の遍歴─「スピリチュアリティ」の探求
 一 はじめに
 二 危機に直面した西田英史の魂の叫び
 三 遍歴の区分
 四 「スピリチュアリティ」の考察
 五 結論
第二章 スピリチュアリティ覚醒のメカニズム
 一 はじめに
 二 「危機」の諸定義
 三 「スピリチュアリティ」の諸定義
 四 研究目的
 五 研究方法
 六 本章での概念の説明(暫定的定義)
 七 西川喜作のスピリチュアリティの覚醒
 八 西川喜作の心理的・精神的葛藤
 九 結び
第三章 死にゆく人の宗教性を支える
 一 はじめに─ホスピス運動における全人的医療
 二 「宗教的」援助への認識
 三 「宗教性」について
 四 青木日出雄の宗教性
 五 結論─不可避性としての「宗教性」
第四章 岸本英夫の生死観について
 一 問題設定
 二 岸本英夫の死の体験
 三 岸本英夫の生死観─「死は別れのとき」の理解をめぐって
 四 結論

第Ⅱ部 スピリチュアルケア
第五章 スピリチュアリティと自己喪失─自己を求めて
 一 はじめに
 二 自己の喪失
 三 自己の回復─関係性の解決
 四 結び
第六章 医療におけるスピリチュアルケア・モデルの構築
 一 はじめに
 二 スピリチュアリティの理解
 三 医療の中のスピリチュアルケア・モデルの必要性
 四 医療の中でのスピリチュアルケアの既存モデル
 五 スピリチュアルケア・モデル
 六 結論
第七章 スピリチュアルケアにおける「ケアすること」と「ケアされること」の本質的問題
 一 はじめに
 二 終末期ガン患者の現状
 三 緩和医療と「ケア」の必要性と役割
 四 「ケア」の概念の検討
 五 「スピリチュアル」ケアの検討
 六 スピリチュアルケア者が必要とするスピリチュアルケア
第Ⅲ部 日本人へのスピリチュアルケアの可能性
第八章 日本人の古層のスピリチュアリティを求めて─『竹取物語』を資料にして
 一 はじめに
 二 説話文学『竹取物語』
 三 『竹取物語』が示す「別離」
 四 不可避な別離・死
 五 スピリチュアリティと人生の危機
 六 月の世界、天女のスピリチュアリティ
 七 「迎え」の思想
 八 死別から本来の生の回復
 九 仏教伝来以前の日本人のスピリチュアリティ
 一〇 日本人のスピリチュアリティの形成
 一一 結び
第九章 スピリチュアルケアへの宗教の貢献
 一 目的
 二 スピリチュアリティの概観
 三 ケアの概念(ケアの概念についての概観)
 四 医療におけるスピリチュアルケアの評価(患者の視点から見る意味・価値)
 五 医療におけるスピリチュアルケアの倫理的判断の困難性
 六 スピリチュアルケアと宗教
 七 宗教のスピリチュアルな遺産
 八 結び─スピリチュアルケアヘの宗教の貢献する可能性(宗教の再生に向けて)
第一〇章 医療と人権─自己選択権をめぐって
 一 はじめに
 二 ガン末期医療における問題
 三 末期ガン患者の人権に関わる問題点
 四 自己決定への道
 五 結論

あとがき
初出一覧


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。