大学出版部協会

 

 18の言語と文化北のことばフィールド・ノート

北のことばフィールド・ノート 18の言語と文化

四六判 276ページ
価格:1,980円 (消費税:180円)
ISBN978-4-8329-3361-3(4-8329-3361-2) C1080
奥付の初版発行年月:2003年10月 / 発売日:2003年10月下旬

内容紹介

サハリンから北東アジア、アラスカを経て北西海岸に至る環北太平洋。そこでは言語の多様性が急速に失われようとしている。そこに散らばる小さなことばたちを訪ねた若手言語学者がつづる、ことばの世界の奥深さと不思議さ、その魅力と話者への想い。

著者プロフィール

津曲 敏郎(ツマガリ トシロウ)

北海道大学大学院文学研究科教授

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序文−北方言語研究への一つの願い 池上二良
はじめに−北のことばを訪ねて 津曲敏郎
1 北サハリンを発つ朝(ニヴフ) 白石英才
2 アムールの恵みとともに(ナーナイと他のツングース) 風間伸次郎
3 デルスの見た星(ウイルタ〜ナーナイ〜ウデヘ) 津曲敏郎
4 新天地をめざした白鳥の子孫(シネヘン・ブリヤート) 山越康裕
5 英雄叙事詩を語り継いで北へ(ヤクート) 藤代 節
6 現代文化の奔流の中で(ユカギール) 遠藤 史
7 フィールドから得るもの、返すもの(コリャーク) 呉人 恵
8 トナカイの角のような家系図(アリュートル) 永山ゆかり
9 カムチャツカの自然とともに生きる(イテリメン) 小野智香子
10 ツンドラにトナカイを追う(チュクチ) 呉人徳司
11 極北の国際語(シベリア・ユピック) 永井佳代
12 エスキモーの最大グループ(イヌイット/イヌピアック) 永井忠孝
13 大国に翻弄された海洋民(アリュート) 大島 稔
14 温帯雨林にはぐくまれた自然の中で(ツィムシアン)  笹間史子
15  トーテムポールに刻まれた願い(ハイダ) 堀 博文
16  「意外」との出会い(ヌートカ) 中山俊秀
17  村に鮭が帰るとき(海岸セイリッシュ・スライアモン) 渡辺 己
18  グランドキャニオンの先住民(ワラパイ) 中山(市橋)久美子
あとがき−<文化をうつすことば>と環北太平洋 宮岡伯人


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。