大学出版部協会

 

 沿海州ウデヘ人の少年時代ビキン川のほとりで

ビキン川のほとりで 沿海州ウデヘ人の少年時代 エンカイシュウウデhジンノショウネンジダイ

四六判 248ページ
価格:1,980円 (消費税:180円)
ISBN978-4-8329-3311-8(4-8329-3311-6) C1039
奥付の初版発行年月:2001年02月 / 発売日:2001年02月下旬

内容紹介

デルスウ・ウザーラの「同胞」が語り継ぐ、タイガの自然とともに生きる一族の物語.①ウデヘの人々の生活,②森と川に依存して生きる人々の精神のあり方と倫理, ③ナナーイ族,ロシア人,中国人,朝鮮人など隣人たちとの出会い,争いと協調,④ウデヘの生活に投影された戦争,社会主義化,近代化などが,平易にかつ生き生きと描かれた民族誌の傑作.

著者プロフィール

A.カンチュガ(カンチュガ,A.)

ウデヘ人. 1934年,ロシアの沿海州ポジャルスキー地区カヤル村で生まれる. 父はアレクサンドル ・ペトローヴィチ ・カンチュガ(1910−74),母はニーナ・ガリモヴナ・カンチュガ(1911-74).1937年メタヘザ村へ,40年シャイン村に転居.1943年から53年まで学校に通ったあと,ハバロフスクの師範学校で学ぶロシア語と文学の教師として1956年から教職につく. 1958年,ロシア人女性ファイン・ニコラエヴナと結婚. 1959年からクラスヌィ・ヤール村に転居.1965年から69年まで通信教育でウスリー国立教育大学文学部を卒業,高等教育学士.1969年から81年まで教務部長,1981年から90年まで校長を務める. 1993年教職を退き,同年から94年までクラスヌィ ・ヤール村建設部長として勤務.定年退職後,年金生活に入る.現在,妻と二人で同村在住.

津曲 敏郎(ツマガリ トシロウ)

北海道大学大学院文学研究科教授.専門は北方少数民族言語学,とくにツングース諸語の記述的・類型的研究.

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

1.  一人歩きの記録/中国人の残した菜園/小川に落ちる
2.  メタヘザからシャインへ/兄と初めてサケを獲る
3.  サケのたいまつ漁/サケの処理/サケの産卵
4.  冬の産卵/父が語った話—匪賊からから逃れて/ジャンシ・キモンコとの出会い
5.  父の話—ハバロスクへ〜アニュイへ〜アルセーニエフとの出会い〜チョウセンニンジンを見つける〜内務人民委員部で働く/メタヘザでの暮し
6.  シャインへ/シャインの住人
7.  村のようす/シャインでの暮し/狩に行く/いたずら盛り
8.  ジーナが生まれて/父の便りと村の人々/皮なめしと靴作り/春から夏へ/泳ぎを覚える
9.  同じ年頃の子供たち/初めての学校/オレグとその家族/母にタバコを見つかる/シャマンの儀式
10. 祖先はロシア人?/馬に危うく蹴られる/ポーリャの死/飢えとの戦い
11. 銃の事故/父と長兄のいない生活/馬橇遊び/つらい肉運び
12. 母の手伝い/お話とシャマン/初めてのカモ撃ち/父からの手紙/勝利の知らせ/父が戦争から帰る
13. 父と子供たち/エウェンキの爺さん/戦地での話/猟の帰りを待つ
14. 父の教え/秋から冬へ/母を看病する/母の語った民話—タルメニとセレエメニ
15. 不猟のお祓い/弟が生まれる/父とタイガへ/アナグマをつかまえる/村に帰って/ミーチャの退学
16. ミーチャと猟場へ/助け合いと親睦/日食と隕石
17. タバコ検査/クマの足跡/急流をさかのぼる/ギョウジャニンニク採り/手負いグマ
18. クマをしとめる/魚獲り/オスジカ探し/トラの足跡
19. 獲り過ぎた魚/父の神頼み/カンチュガの由来/夜鳴く鳥
20. オスジカをしとめる/シカを解体して運ぶ/帰途につく/たいまつ漁へ
21. 勇敢なパブリク/再び上流へ/仲間の猟師たち/魚を塩漬けにする
22. シゴンクの由来/小ガモ捕り/お祈り/突然の大雨
23. ニンジン掘りの若者の話/人助け
24. 父の話—スターリングラード攻防戦/リョーニャに獲物を分ける
25. ナイフでけがをする/急遽帰宅する/診療所で治療/寄宿舎へ
26. バハラザ山/ゴングラザの「気圧計」/地名あれこれ/初めてのサケ
27. 寄宿舎に着く/開校日まで/寄宿学校での暮し/家への思い
28. つらい家路/なつかしいわが家/新年の集い/算数克服,再びわが家へ/クマとの遭遇
29. 原爆について学ぶ/命がけの帰省/冬の楽しみ/ミーチャの災難/戦争の傷跡/ミーチャの死
30. ウデヘはどこから来たか?—カンチュガの兄弟とロシア人〜大移動と川の名の由来


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。