大学出版部協会

 

 辺境からの視座北海道と明治維新

北海道と明治維新 辺境からの視座

四六判 254ページ
価格:2,750円 (消費税:250円)
ISBN978-4-8329-3301-9(4-8329-3301-9) C2021
奥付の初版発行年月:2000年12月 / 発売日:2000年12月下旬

内容紹介

蝦夷共和国,開拓使,屯田兵村,札幌農学校,琉球処分,内国植民地・・・・・・. 激動の幕末・維新期の北海道を辺境の視座から描き出す.中央=内地からは見えてこない,新しい歴史の姿! 巻末に箱舘戦争の知られざる記録 『蝦夷事情乗風日誌』 を収録.

著者プロフィール

田中 彰(タナカ アキラ)

北海道大学名誉教授.
主要著書:
特命全権大使米欧回覧実記 (校訂・かいせつ,岩波文庫,1977-82)
明治維新観の研究 (北海道大学図書刊行会,1987)
開国と倒幕(日本の歴史15) (共編,集英社,1992)
「米欧回覧実記」の学際的研究 (共編,北海道大学図書刊行会,1993)
岩倉使節団「米欧回覧実記」 (岩波書店,1994)
幕末維新史の研究 (吉川弘文館,1996)
長州藩と明治維新 (吉川弘文館,1998)
小国主義 (岩波書店,1999)
明治維新(日本の歴史7) (岩波ジュニア新書,2000)

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

Ⅰ  明治維新と北海道

第 1章  維新変革と北海道
  1  開国と北海道
  2  維新政府の蝦夷地開拓論
  3  幕末維新とアイヌ民族
  4  開拓使と開拓政策
第 2章  札幌農学校と米欧文化
  1  1870年代の米欧文化とアジア(日本)
  2  開拓使の留学生派遣
  3  札幌農学校と米欧文化

Ⅱ  明治維新の光と影
第 1章  「蝦夷共和国」の虚実
  1  決断,江戸湾脱走—アエテ一戦ヲ辞サズ
  2  進軍,蝦夷地占領—一同死ヲ決シ尽力ス
  3  「共和国」崩壊—榎本,泣血恭順セリ
第 2章  長野桂次郎—忘れられた「トミー」
  1  模擬裁判の被告は誰か
  2  トミーとよばれた人気者
  3  岩倉使節団参加と帰国後の軌跡

Ⅲ  身辺から歴史を見る
第 1章  団地のなかの屯田兵村
  1  ベッドタウン大麻団地
  2  野幌屯田兵村のおこり
  3  野幌屯田兵村の生活
  4  新たなる屯田兵村史へ
第 2章  地方史(地域史)研究と文書館
  1  地方史(地域史)と文書館
  2  あるべき北海道立文書館の姿

Ⅳ  「北」と「南」の明治維新
  1  「北」と「南」の幕末維新
  2  島と「コミューン」と「北海道共和国」

<史料紹介>  蝦夷事情乗風日誌


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。