大学出版部協会

 

 ユーラシア帝国の海運と世界経済海のロシア史

海のロシア史 ユーラシア帝国の海運と世界経済

A5判 354ページ 上製
価格:6,380円 (消費税:580円)
ISBN978-4-8158-1008-5 C3022
奥付の初版発行年月:2020年12月 / 発売日:2020年12月上旬

内容紹介

第一次グローバリゼーションのもと、東アジアの海とヨーロッパの海を結んだ長距離航路と、義勇艦隊が果たした役割とは。政治と経済が混然一体となった海洋戦略により、極東を含む帝国の辺境を統合、国際的経済闘争への参入を試みる姿を捉え、ロシア史をグローバルヒストリーに位置づける。

前書きなど

本書が描く歴史像は、ある観点からは斬新に見えるだろう。本書の挑戦は、世界的に見てもまれなものである。しかし問題意識や研究手法の点から見ると、本書のような研究はありふれている。日本国内に限っても、類書はあまたある。本書が斬新に見えるとすれば、それは、ロシアの海運の歴史に着目しているからである。逆に、ありふれているように見えるとすれば、本書がいわゆるグローバルヒストリーや帝国論の一環をなしているからである。

グローバルヒストリーとして想定されている研究の中身は論者によって異なり、その定義は必ずしも明確ではない。だが、T・ロイとG・リエロの編集により二〇一九年に刊行された『グローバル経済史』は、グローバルヒストリーと呼ばれている研究が主にどのような問題に取り組んでいるのか、理解する手がかりになる。同書は、三つのパートに分けられており、第一部が「グローバルヒストリーにおける分岐」、第二部が「世界経済の出現」、第三部が「グローバルな経済的変化への地域的視点」となっている。本書の問題意識は、主に第三部のテーマに属する……

[「序章」冒頭より/注は省略]

著者プロフィール

左近 幸村(サコン ユキムラ)

1979年生。2009年、北海道大学大学院文学研究科博士後期課程修了。2013年、新潟大学研究推進機構超域学術院准教授。現在、新潟大学経済科学部准教授。著書、『近代東北アジアの誕生――跨境史への試み』(編著、北海道大学出版会、2008年)、『歴史学の縁取り方――フレームワークの史学史』(共編著、東京大学出版会、2020年)

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

凡例
参考地図

序 章 ロシア帝国と近代世界
一 本書の背景
二 ロシアとアジア
三 海運を通して見るロシア帝国
四 義勇艦隊に関する先行研究と史料、本書の構成

第I部――ロシア極東の近代

はじめに

第1章 帝政期ロシア極東の農業と移民
一 一九世紀のロシア極東統治の概要
二 一八九五年の調査に見る、沿海州とアムール州の比較
三 日露戦争後の方針転換
四 日露戦争後のロシア極東の農村
小括

第2章 無関税港制に見るロシア極東の変容
一 無関税港制と自由港制
二 一九世紀後半のウラジオストク
三 一九〇一年の無関税港廃止
四 日露戦争後のウラジオストク港
小括

第3章 茶が結んだロシアとアジア
一 一九世紀後半の中国茶の種類
二 義勇艦隊就航までのロシアと茶
三 イギリスの中国茶市場からの撤退と義勇艦隊の就航
四 ロシア国内における需要の喚起
小括

補論1 アムール川とスンガリ川をめぐる露中関係
一 ロシア帝国のスンガリ川への進出――日露戦争前の状況
二 中国のアムール川への進出――日露戦争後の状況
小括

第II部 国家――ロシア義勇艦隊史

はじめに

第4章 一九世紀のロシア義勇艦隊
――就航とその後の模索
一 義勇艦隊の設立
二 義勇艦隊の始動
三 新たな規程制定をめぐる論争の始まり
四 一八八六年時限規程の制定
五 ブラジル航路の計画
六 ミハイル・カジのロシア商船批判
七 一八九〇年代の発展
小括

第5章 セルゲイ・ヴィッテの海運政策
一 若きセルゲイ・ヴィッテの道のり
二 ヴィッテの経済思想
三 ヴィッテによる海運の改革
四 一九〇二年の義勇艦隊時限規程
五 海運の国産化と外国資本の排除
小括

第6章 商船化への道
――日露戦争後の義勇艦隊
一 義勇艦隊の組織の見直し――海軍省から商工省へ
二 義勇艦隊と各地の取引所委員会
三 第一次世界大戦直前の義勇艦隊
四 バルト海-ウラジオストク航路の創設計画
小括

第III部 世界経済――ロシア海運の発展

はじめに

第7章 ロシア東亜汽船と義勇艦隊の競争
――帝国の西と東
一 ロシア東亜汽船の設立
二 ユダヤ人移民とパスポート問題
三 大西洋航路の設立
四 大西洋航路の見直し
五 日露戦争後の極東近海航路の再編
六 決算報告の分析――義勇艦隊への補助金
七 警戒しつつ手を結ぶ――日露戦争後の日露関係
小括

第8章 北方汽船の模索
一 北方汽船の船出
二 黒海・バルト海への進出
三 東方への回帰
四 インド、セイロンからの茶の輸入
五 茶の輸送競争――義勇艦隊と北方汽船
六 ロシアによる茶の輸送網の把握
小括

第9章 ロシア商船とオデッサ
一 十九世紀前半のオデッサ
二 ロシア商船の設立
三 東地中海とロシア
四 オデッサの自由港制案
五 ペルシア湾航路の設立
六 ペルシア湾航路の結果
小括

補論2 スエズ運河の通航料問題
一 スエズ運河とのかかわりの始まり
二 補助金の条件の改定
小括

終 章 海から見たロシア帝国
一 第一次グローバリゼーションとロシア帝国
二 ソ連時代への遺産

巻末付表
あとがき

参考文献
図表一覧
索引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。