大学出版部協会

 

 恩赦のフランス法制史赦すことと罰すること

赦すことと罰すること 恩赦のフランス法制史

A5判 384ページ 上製
価格:7,040円 (消費税:640円)
ISBN978-4-8158-0790-0 C3032
奥付の初版発行年月:2014年12月

内容紹介

権力は恩赦に宿る ——。古代・中世から絶対王政・フランス革命を経て共和制期にいたるまで、政体の如何を問わず実質的に存続した恩赦。「主権の証」 とも見なされるその権利は、各時代の諸勢力とどのような関係を結んでいたのか。法制・思想・実態の三つの視点から恩赦の歴史をトータルに跡づけ、刑罰中心の権力観を刷新する意欲作。


目次

序 章 なぜ恩赦のフランス法制史か
       (1) 恩赦は前近代的で君主制的なものか
       (2) 恩赦と大赦
       (3) 恩赦の研究史
       (4) 本書の課題と構成

第1章 権力の形成と恩赦 —— 古代ローマから中世へ
       (1) ローマ帝権の確立と 「恩赦権」 の誕生
       (2) 中世における権力の競合と恩赦
       (3) 正義と慈悲

第2章 すべての慈悲は王より来る
     1 後期中世から近世にかけての王権の伸長と恩赦
       (1) 王令による恩赦権の独占
       (2) 恩赦権を与える国王
       (3) 恩赦による民衆の 「臣民化」
       (4) 条件付きの赦し
       (5) 国王によらない恩赦
     2 「神の赦し」 から 「王の恩赦」 へ
       (1) 赦しの華々しさ
       (2) 国王即位時の監獄開放
       (3) 絶対王政の理論と恩赦 —— ボダン、ル・ブレ、ホッブズ
     3 立法化された恩赦
       (1) 1670年刑事王令における恩赦制度
       (2) 恩赦獲得までの手続き

第3章 衰退する王権とゆさぶられる恩赦
     1 社会の変化と恩赦
       (1) 嘆願の傾向の変化
       (2) 民衆による恩赦権の簒奪
       (3) 国王への 「悪しき言説」 と恩赦
     2 王権に抵抗するパルルマン法院
       (1) 裁判権と恩赦権
       (2) ラモワニョンの改革における恩赦
     3 恩赦不要・廃止論とイデオロギー
       (1) 恩赦不要・廃止論の登場
       (2) 諸言説の交錯

第4章 共和制の成立と恩赦
     1 恩赦の廃止
       (1) 1789年の三部会における恩赦
       (2) 1791年刑法典による恩赦の廃止
       (3) 恩赦の廃止と王権の停止
       (4) 「国王への恩赦」
       (5) 「人民の恩赦」 から 「議会の恩赦」 へ
       (6) フランス革命期の恩赦状
     2 新たな秩序の誕生と大赦
       (1) 革命議会による大赦
       (2) 革命を終わらせるための大赦とその失敗
       (3) 立法府の大赦権
       (4) ボナパルト体制の成立と赦し
     3 恩赦の復活
       (1) 恩赦復活の企て
       (2) 恩赦の復活
       (3) ナポレオンによる恩赦と恩赦状
       (4) 恩赦と君主制 —— コンスタンとメーストル

第5章 政体の変遷と恩赦
     1 近代法における恩赦
       (1) 憲法に規定される恩赦権
       (2) 19世紀後半の恩赦制度
     2 恩赦を取り巻く思想の変遷
       (1) 19世紀における恩赦と大赦
       (2) 刑事政策としての恩赦
       (3) 恩赦不要・廃止論の再登場
     3 近代における赦し
       (1) 恩赦の統計化
       (2) 刑法改革と恩赦
       (3) 共和制と赦し

終 章


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。