大学出版部協会

 

 マキアヴェリからロールズまで社会思想の歴史

社会思想の歴史 マキアヴェリからロールズまで

A5判 388ページ 並製
価格:2,970円 (消費税:270円)
ISBN978-4-8158-0770-2 C3010
奥付の初版発行年月:2014年04月

内容紹介

近代と向き合い、格闘し、支えた思想家たちの思考のエッセンスを平易に解説、自由と公共をめぐる思想的遺産を縦横に論じて、現代社会をよりよく考える基盤を指し示す。政治・経済・哲学の枠を超え、近代社会の通奏低音をなす思想の姿を浮かび上がらせた、刺激に満ちた最良の道案内。


目次

序 章 社会思想とは何か
     1 社会思想の歴史とは何か
     2 社会思想史の方法
     3 「時代」 と 「思想」 の文脈
     4 社会思想の基本問題 —— 「自由」 と 「公共」 の相関

第1章 マキアヴェリの社会思想
     1 「時代」 の文脈 —— 市場経済の復活と近代国家の胎動
     2 「思想」 の文脈 —— イタリア・ルネサンスの人文主義
     3 マキアヴェリの 「問題」
     4 『君主論』 の人間観
     5 『ディスコルシ』 の共和制論
     6 マキアヴェリにおける 「自由」 と 「公共」

第2章 宗教改革の社会思想
     1 「時代」 の文脈 —— 近代国家の出現と市場経済の発展
     2 「思想」 の文脈 —— ルネサンスから宗教改革へ
     3 宗教改革思想の 「問題」
     4 ルターの信仰義認論と万人司祭主義
     5 カルヴァンの予定説と資本主義の精神
     6 宗教改革思想における 「自由」 と 「公共」

第3章 古典的 「社会契約」 思想の展開
     1 「時代」 の文脈 —— 国際商業戦争の幕開け
     2 「思想」 の文脈 —— 科学革命から自然法学へ
     3 社会契約思想の 「問題」
     4 ホッブズの機械論的人間観と絶対主権の理論
     5 ロックの理性的人間観と政治社会論
     6 社会契約思想における 「自由」 と 「公共」

第4章 啓蒙思想と文明社会論の展開
     1 「時代」 の文脈 —— 文明社会の発展
     2 「思想」 の文脈 —— フランスとスコットランド
     3 啓蒙思想の 「問題」
     4 フランス啓蒙の文明社会像 —— ヴォルテールから重農主義まで
     5 スコットランド啓蒙の文明社会像 —— ハチソンとヒューム
     6 啓蒙思想における 「自由」 と 「公共」

第5章 ルソーの文明批判と人民主権論
     1 「時代」 の文脈 —— 文明社会の危機
     2 「思想」 の文脈 —— 啓蒙から文明批判へ
     3 ルソーの 「問題」
     4 『社会契約論』 における一般意志と人民主権
     5 ルソーにおける 「自由」 と 「公共」

第6章 スミスにおける経済学の成立
     1 「時代」 の文脈 —— 文明社会の危機を超えて
     2 「思想」 の文脈 —— 啓蒙から社会科学へ
     3 スミスの 「問題」
     4 『道徳感情論』 における共感と道徳秩序
     5 『国富論』 における分業・市場・富裕
     6 スミスにおける 「自由」 と 「公共」

第7章 「哲学的急進主義」 の社会思想 —— 保守から改革へ
     1 「時代」 の文脈 —— 二重革命のはじまり
     2 「思想」 の文脈 —— バークとマルサス
     3 哲学的急進主義の 「問題」
     4 功利主義の思想 —— ベンサムとジェームズ・ミル
     5 古典派経済学の思想 —— リカードウの 『経済学原理』
     6 哲学的急進主義における 「自由」 と 「公共」

第8章 近代自由主義の批判と継承 —— 後進国における 「自由」
     1 「時代」 の文脈 —— 二重革命の光と影
     2 「思想」 の文脈 —— カント、フィヒテ、ロマン主義における自我の発見
     3 ヘーゲルの 「問題」
     4 ヘーゲルの学問論と市民社会論
     5 ヘーゲルにおける 「自由」 と 「公共」

第9章 マルクスの資本主義批判
     1 「時代」 の文脈 —— 資本主義の危機
     2 「思想」 の文脈 —— マルクス以前の社会主義
     3 マルクスの 「問題」
     4 哲学批判 —— 『経済学・哲学草稿』 から 『ドイツ・イデオロギー』 へ
     5 『資本論』 の資本主義批判
     6 マルクスにおける 「自由」 と 「公共」

第10章 J・S・ミルにおける文明社会論の再建
     1 「時代」 の文脈 —— 資本主義の変化と民主主義の進展
     2 「思想」 の文脈 —— 哲学的急進主義の再検討
     3 ミルの 「問題」
     4 哲学と道徳の革新
     5 社会主義の可能性
     6 ミルにおける 「自由」 と 「公共」

第11章 西欧文明の危機とヴェーバー
     1 「時代」 の文脈 —— 帝国主義と大衆社会
     2 「思想」 の文脈 —— 実証主義の諸潮流
     3 ヴェーバーの 「問題」
     4 『職業としての学問』 と近代合理主義の起源
     5 『職業としての政治』 と民主主義の運命
     6 ヴェーバーにおける 「自由」 と 「公共」

第12章 「全体主義」 批判の社会思想 —— フランクフルト学派とケインズ、ハイエク
     1 「時代」 の文脈 —— 世界大戦、ロシア革命、大恐慌
     2 「思想」 の文脈 —— 全体主義批判の諸相
     3 全体主義批判の 「問題」
     4 『啓蒙の弁証法』 の資本主義文明批判
     5 ケインズとハイエクにおける2つの自由主義
     6 全体主義批判における 「自由」 と 「公共」

第13章 現代 「リベラリズム」 の諸潮流
     1 「時代」 の文脈 —— 社会主義体制の成立と崩壊
     2 「思想」 の文脈 —— 「歴史の終わり」 か 「文明の衝突」 か
     3 現代リベラリズムの 「問題」
     4 ハーバーマスとロールズ
     5 ロールズにおける公正としての正義
     6 現代リベラリズムにおける 「自由」 と 「公共」

終 章 社会思想の歴史から何を学ぶか
     1 方法からの問い
     2 現代における 「自由」 と 「公共」 の可能性


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。