大学出版部協会

 

 事件史から見る戦時下の日本人とタイ人草の根の日タイ同盟

草の根の日タイ同盟 事件史から見る戦時下の日本人とタイ人

A5判 600ページ
価格:6,820円 (消費税:620円)
ISBN978-4-8140-0377-8 C3022
奥付の初版発行年月:2022年02月 / 発売日:2022年02月中旬
発行:京都大学学術出版会  
発売:京都大学学術出版会
この大学出版部の本一覧
在庫あり

内容紹介

軍事同盟の歴史において,太平洋戦争中の日タイ同盟ほど奇妙なものはない。なにしろ,「敗戦国」であったはずのタイは,大したお咎めもないどころか,抗日勢力として認められたのだ。この二面外交についての研究はすでにある。しかし,では「味方であって味方でない」関係が,普通の人々――タイ民衆と現場の日本兵――の間では,どんな様相だったのか? タイ国立公文書館に保存される,日タイ間の事故,騒動,盗み,襲撃といった事件の膨大な記録を一つ一つひもとき,その地理的・時期的分布や背景,処分などを多角的に分析することで,いわば「我慢の同盟」であったその実相を生き生きと描き出す。

著者プロフィール

柿崎 一郎(カキザキ イチロウ)

横浜市立大学国際教養学部教授
1971年生まれ。1999年,東京外国語大学大学院地域文化研究科博士後期課程修了。横浜市立大学国際文化学部専任講師,同助教授,同国際総合科学部准教授,同教授を経て,2019年より現職。博士(学術)。第17回大平正芳記念賞(『タイ経済と鉄道 1885~1935年』),第2回鉄道史学会住田奨励賞(『鉄道と道路の政治経済学 タイの交通政策と商品流通1935~1975年』),第40回交通図書賞(『都市交通のポリティクス バンコク1886~2012年』),第30回大同生命地域研究奨励賞を受賞。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

図・表一覧

序章 日本兵とタイ人の関係
   第1節 戦地における兵と住民
   第2節 日本とタイの特殊な関係
   第3節 本書のねらいと概要
第1章 タイにおける日本軍
   第1節 日本軍の軍事行動
   第2節 日本軍の駐屯地
   第3節 日本人の訪問地
   第4節 バンコクの日本軍
   第5節 日本人の足跡
第2章 交通事故
   第1節 交通事故の概要
   第2節 サームロー事故
   第3節 自動車・電車事故
   第4節 二輪車・歩行者事故
   第5節 交通事故の背景
第3章 騒動
   第1節 騒動の概要
   第2節 酒酔い騒動
   第3節 サームロー・女性騒動
   第4節 暴行・恐喝
   第5節 騒動の背景
第4章 窃盗
   第1節 窃盗の概要
   第2節 電信・金属線の窃盗
   第3節 繊維・金属の窃盗
   第4節 車両・石油の窃盗
   第5節 窃盗の背景
第5章 強盗・襲撃
   第1節 強盗・襲撃の概要
   第2節 開戦時の衝突
   第3節 日本側による強盗・襲撃
   第4節 タイ側による強盗・襲撃
   第5節 強盗・襲撃の背景
第6章 検挙
   第1節 憲兵制度の確立
   第2節 検挙の概要
   第3節 窃盗・盗品入手容疑による検挙者
   第4節 抗日・扇動容疑による検挙者
   第5節 合同検挙の限界
終章 日タイ同盟の実像
   第1節 変化する関係
   第2節 抗日運動の影響
   第3節 我慢の同盟
   第4節 今後の課題

 附表
 引用資料
 引用文献
 引用ホームページ

あとがき

事項索引
人名索引
地名索引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。