大学出版部協会

 

 ユーラシア神話試論Ⅱユーラシアの女性神話

ユーラシアの女性神話 ユーラシア神話試論Ⅱ

A5判 278ページ 並製
価格:2,420円 (消費税:220円)
ISBN978-4-8057-5183-1 C3098
奥付の初版発行年月:2021年08月 / 発売日:2021年08月下旬

内容紹介

『アーサー王神話大事典』や『中世の祝祭』などの著作で知られるフィリップ・ヴァルテールが、主として中世期の文献に登場する「女神」や女神的存在を、ユーラシア神話の観点から分析した12編の論考をまとめた独創的な論文集。2019年7月に刊行された『英雄の神話的諸相』に続く、『ユーラシア神話試論』の第2巻。4部構成の本書では、第1部でケルト文化圏の女神が見せる3者1組の姿、第2部でヨーロッパの女神の動物への変身、第3部で異界に位置する女神の住処が取り上げられ、第4部で妖精メリュジーヌとトヨタマヒメなどの日本とヨーロッパの女神および女神的存在が比較検討されている。

著者プロフィール

フィリップ・ヴァルテール(フィリップ ヴァルテール)

グルノーブル第3大学名誉教授

渡邉 浩司(ワタナベ コウジ)

中央大学経済学部教授

渡邉 裕美子(ワタナベ ユミコ)

翻訳家

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

第1部 1柱でありながら多重化した女神
 第1章 豊穣の女神
 第2章『薔薇物語』におけるアボンド夫人と亡霊

第2部 女神の変身
 第3章 雁とペドーク
 第4章 ソルグンナ
 第5章 鮭女と9番目の波(『カレワラ』第5章)
 第6章 スキタイのメリュジーヌ

第3部 異界にある女神の住処
 第7章 神聖な機織り場の神話
 第8章 異界の女王

第4部 人間界でのかりそめの暮らし
 第9章 羽衣とケルト人の「白い女神」
 第10章 アマテラスと笑ったことのない娘
 第11章 発見された観音像と聖母マリア像
 第12章 メリュジーヌとトヨタマヒメ


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。