大学出版部協会

 

 Seoul, Tokyo and Shanghai in the Past and PresentUrban Development and Social Change in Megacities in East Asia

中央大学社会科学研究所英文叢書3
Urban Development and Social Change in Megacities in East Asia Seoul, Tokyo and Shanghai in the Past and Present

菊判 上製
価格:3,630円 (消費税:330円)
ISBN978-4-8057-1342-6 C3336
奥付の初版発行年月:2021年03月 / 発売日:2021年04月中旬

内容紹介

20世紀後半、日本では、家族の変化、コミュニティの崩壊とともに、少字化、高齢化など大きな社会変容が見られた。日本から遅れてではあるが、韓国や中国でも類似の現象が見られる。異なる伝統文化や政治体制をもった国々の間でも、なぜ、類似の現象が見られるのか。他方、仔細に見ると、ワーキングマザーの増加や対人関係の変化など、表層的な現象は同じであっても、その内実は異なるように見える。なぜ、異なるのか。本書は、東京・ソウル・上海に焦点を当て、20世紀後半から21世紀にかけて三都市が経験した社会変動やそのあり方を見極め、かつ、なぜそのような変化が起きたのかを論じる。

著者プロフィール

Dukjin Chang()

Professor, Seoul National University

Daishiro Nomiya()

Professor, Chuo University

Haidong Zhang()

Professor, Shanghai University

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

Introduction.
Shanghai, Seoul and Tokyo in Sequential Social Change
2. Seoul, Tokyo and Shanghai
3. Social Mobility in Three Cities
4. Changes in Occupational Structure in Three Cities
5. Work and Family Boundaries in Three Cities
6. Lone Dwellers of the Three Cities
7. The Transformation of Social Ties and Communities in the Three Cities
8. Urban Policies That Challenge Urban Changes
9. General Trust among Megacities
10. Attitude on Immigration and Globalization
Conclusion.


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。