大学出版部協会

 

 立憲国家における憲法裁判を中心にペーター・ヘーベルレの憲法論

日本比較法研究所研究叢書122
ペーター・ヘーベルレの憲法論 立憲国家における憲法裁判を中心に

A5判 198ページ 上製
価格:2,530円 (消費税:230円)
ISBN978-4-8057-0822-4 C3332
奥付の初版発行年月:2021年01月 / 発売日:2021年02月上旬

内容紹介

日本の憲法学界にも大きな影響を与えている現代ドイツ憲法学の泰斗の一人であるへーベルレの多様で豊饒な憲法論を、憲法裁判を中心に、①日本におけるその「受容と批判」、②その理論の壮大な実験場となった「ドイツ統一」、③憲法問題としての「将来世代に対する責任」、④財政に対する憲法原理としての「世代間の公平」など、様々なテーマで縦横無尽に語りつくす。著者の40年にわたる研究の集大成。人間の尊厳を核とするへーベルレの開かれた「希望の憲法論」は、「不寛容」、「分断」、「不透明」、「閉塞」という現下の現代立憲国家の危機的状況を打破するための有益な示唆を与えてくれる。

著者プロフィール

畑尻 剛(ハタジリ ツヨシ)

中央大学法学部教授

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

Ⅰ 人とその活動
Ⅱ P.ヘーベルレの憲法論 ―日本における受容と批判―
Ⅲ ドイツ統一におけるP.ヘーベルレ
Ⅳ P.ヘーベルレの憲法裁判論
Ⅴ 憲法問題としての「将来世代に対する責任」
Ⅵ 財政に対する憲法原理としての「世代間の公平」


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。