大学出版部協会

 

 メルロ=ポンティ哲学との対話知覚・言語・存在

知覚・言語・存在 メルロ=ポンティ哲学との対話

A5判 418ページ 上製
価格:5,940円 (消費税:540円)
ISBN978-4-7985-0141-3 C3010
奥付の初版発行年月:2014年11月 / 発売日:2014年12月上旬

内容紹介

20世紀フランスの代表的哲学者メルロ=ポンティは、世界とは何か、自己やその生とは何か、あるいは世界と自己の原初的で根源的な関係はどのようになっているのかなど、古代ギリシア以来現在に至るまで侃々諤々の議論が絶えない哲学の根本諸問題に対して、透徹した洞察力と事象そのものに促された両義性という両立しがたい観点から他に類を見ない一貫した表現力によって接近している。本書は、存在、知覚、身体、言語、歴史、芸術、倫理などのテーマを手がかりに、彼の哲学との対話と対決の中から紡ぎ出されたものであり、テーマの多様性にもかかわらず全体的な統一性を維持しているが、それというのも全体を視野に入れながらの個別の表現こそが、哲学を科学から区別する根本的理由だからである。自然と文化、自由と必然、内在と超越、精神と物体という近代の二元論的思考への批判とその克服を企てる本書は、近現代のさまざまな哲学者との対峙においてそのことを遂行している。



一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。