大学出版部協会

 

 前漢初期「諸呂の乱」を手かがりに呂太后期の権力構造

呂太后期の権力構造 前漢初期「諸呂の乱」を手かがりに

郭 茵:著
A5判 上製
価格:3,960円 (消費税:360円)
ISBN978-4-7985-0123-9 C3022
奥付の初版発行年月:2014年03月 / 発売日:2014年03月中旬

内容紹介

前195年,中国史の礎を築いた漢王朝の劉邦没す。その後に生じた皇帝未亡人呂太后とその一族と,劉氏一族・家臣団の間に生じた権力闘争とその結末として起きた「諸呂の乱」の真相とその背景を,史書を徹底的に読み込むことで解明する。書き換えられた漢帝国初期の歴史がいま甦る。

著者プロフィール

郭 茵(カク イン)

郭 茵(かく いん,Guo Yin)
北京大学歴史学部(中国史専攻)卒業,東京学芸大学大学院教育学研究科修士課程修了,
2003年東京都立大学大学院人文科学研究科より博士(史学)学位取得。
その後,九州大学高等教育推進センター准教授,関西学院大学言語教育研究センター常勤講師を経て,現在,立命館大学言語教育センター嘱託講師。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

目次序章 本書の目的と先行研究

 第一節 本書の目的
 第二節 先行研究
 第三節 本書の構成と概要

第一章 呂太后の権力基盤について

 はじめに
 第一節 楚漢戦争中の呂太后の行方
 第二節 戚姫と趙王如意
   一 戚姫の要望
   二 趙王如意の年齢
 第三節 太子の廃立と周呂侯呂沢
   一 太子を立てた時期
   二 廃太子騒ぎと周呂侯呂沢の関係
   三 呂太后が皇后になった経緯
 第四節 漢帝国樹立後の呂太后
   一 劉邦の動向と呂太后の帝国経営
   二 韓信・彭越の死と呂太后の権力
 第五節 呂太后の権力基盤
   一 功臣たちとの関係
   二 廃太子騒ぎからみた呂太后の権力基盤
   三 呂氏勢力に対する劉邦の警戒

第二章 漢初の南北軍

 はじめに
 第一節 南北軍に関する基本史料
 第二節 先行研究における南北軍
   一 説1  南軍を衛尉と郎中令の軍、北軍を中尉の軍とする説
   二 説2  南軍を衛尉の軍、北軍を中尉の軍とする説
   三 説3  南軍を未央宮衛尉の軍、北軍を長楽宮衛尉の軍とする説
   四 説4  南軍を長安城南部の軍、北軍を長安城北部の軍とする説
   五 説5  南北軍を野戦軍とする説
 第三節 諸説共通の問題点
 第四節 究明すべきいくつかの事実
   一 長安城の構成と両宮の重要性
   二 長安の城壁と南北軍
   三 南北軍の位置
 第五節 「諸呂の乱」の再現
 第六節 前漢初期の長安における軍事力について
   一 郎中令と中尉について
   二 相国と上将軍について
   三 南北軍の指揮者及び南北軍と衛尉の関係
 おわりに

第三章 劉邦期における官僚任用政策

 はじめに
 第一節 軍功と封侯
   一 最初に封ぜられた二十九侯
   二 二十九侯の構成と功について
   三 軍功の概念と劉邦の封侯基準
 第二節 漢五年の三公九卿について
   一 三公九卿と軍功
   二 三公九卿の任用原則
 第三節 文武の対立と劉邦の統治理念
   一 蕭何の封侯をめぐって
   二 劉邦の統治理念
   三 劉邦の「知人善任」
   四 地方官僚の任用
 おわりに

第四章 呂太后の権力基盤の衰退と官僚任用政策の変化

 はじめに
 第一節 「怏怏」派の存在と曹参の任用
   一 「怏怏」派の存在
   二 劉邦の遺言について
   三 曹参の起用
   四 曹参の強権
 第二節 丞相権の分割と太尉の復活
   一 王陵について
   二 陳平について
   三 周勃について
   四 王陵、陳平、周勃の関係
 第三節 呂太后の不安と側近の任用
   一 恵帝の死
   二 審食其の任用
   三 任敖と曹窋の任用
 第四節 呂氏一族の任用
 第五節 九卿の任用について
 おわりに

第五章 「諸呂の乱」における大臣と斉王兄弟

 はじめに
 第一節 「諸呂の乱」について
   一 史料記載の混乱
   二 呂氏一族の「野心」と敵対勢力
   三 「諸呂の乱」の参加者と情報の出所
   四 先行研究から見た「乱」の理由
 第二節 少帝弘をめぐる中央の情勢
   一 中央における呂氏専権
   二 「諸呂の乱」の原因
 第三節 斉王兄弟と大臣の目的及び少帝弘の身元について
   一 斉王兄弟の狙い
   二 大臣の立場
   三 少帝弘の身元
 第四節 「諸呂の乱」における大臣と斉王兄弟
   一 少帝弘の交代
   二 大臣と斉王兄弟
   三 呂氏一族の死と劉章
   四 「諸呂の乱」における大臣同士の関係と地方諸侯王
 第五節 「諸呂の乱」をめぐる動き
   一 「諸呂の乱」の経緯
   二 「諸呂の乱」が正当化された理由
 第六節 「諸呂の乱」の影響  文帝の対応策を中心に  
   一 周勃の失脚と陳平の選択
   二 斉王劉襄と淮南王劉長
 おわりに

終章 本研究の結論と前漢史研究における意義

 第一節 本研究の要約
   一 呂太后の権力基盤と統治方法
   二 官僚任用原則と権力の配分
   三 「諸呂の乱」の真相
   四 呂太后期の権力構造
 第二節 前漢史研究における本研究の意義
   一 呂太后と劉氏の関係
   二 呂太后と大臣の関係
   三 文帝期の研究について
   四 前漢史の区分について
   五 劉邦集団について
   六 「三権並立」の考え方について
   七 任侠精神について
   八 史料の問題について
   九 呂太后に対する認識

参考文献

あとがき

巻末資料

劉邦・呂太后家系略図
秦末漢初略図
劉邦年表
呂太后期年表
人名索引
事項索引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。