大学出版部協会

 

 三・一独立運動とナショナリズムの変遷韓国「建国」の起源を探る

韓国「建国」の起源を探る 三・一独立運動とナショナリズムの変遷

四六判 312ページ 並製
価格:2,970円 (消費税:270円)
ISBN978-4-7664-2785-1 C3022
奥付の初版発行年月:2021年12月 / 発売日:2021年12月上旬

内容紹介

「民主主義国家・韓国」は、三・一独立運動からはじまったのか?

日本・中国・米欧・ロシアを含めたグローバルな視点から独立運動の歴史的過程を丹念に描き、文在寅政権の掲げる「建国」神話を問い直す

三・一独立運動とは、1919年3月1日に日本の植民地支配からの「解放」を目指した朝鮮人らが起こした示威運動である。現在の文在寅政権は、この運動の歴史的評価をさらに高め、1919年を「民主主義国家・韓国」の「建国」年と位置づける言説を浸透させようとしている。
右派左派の衝突が激化し、歴史解釈自体が政治化するなかで、本書はあらためて三・一独立運動を中心とする独立運動史を、世界史の視点から復元する。
「建国」問題の核心・大韓民国臨時政府の樹立、第一次世界大戦において提唱された「民族自決」の影響、日本・中国・米欧・ロシアを舞台にグローバル化していく過程、北朝鮮を生み出した社会主義の可能性と南北分断に着目しつつ、独立運動をダイナミックに描くことで、分裂する歴史認識の溝を埋め、未来への新たな展望を拓こうとする。

著者プロフィール

小野 容照(オノ ヤステル)

1982年横浜市生まれ。九州大学大学院人文科学研究院准教授。専門は朝鮮近代史。2012年京都大学大学院文学研究科博士課程修了。博士(文学)。日本学術振興会特別研究員、京都大学人文科学研究所助教を経て2017年より現職。
著書に『朝鮮独立運動と東アジア 1910-1925』(思文閣出版、2013年)、『帝国日本と朝鮮野球――憧憬とナショナリズムの隘路』(中央公論新社、2017年)、共著書に『「甲子園」の眺め方――歴史としての高校野球』(小さ子社、2018年)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

はじめに

序 章 三・一革命――独立運動と変容する韓国ナショナリズム
 1 大韓民国憲法・前文
 2 ニューライトと建国節
 3 変容する大韓民国臨時政府の歴史的位置づけ
 4 「三・一革命」論の台頭とその論理
 5 「三・一革命」を乗り越える

第一章 第一次世界大戦――共和制か帝政か
 1 朝鮮半島から海外へ――韓国併合と武断政治
 2 敵の敵は味方――ロシアとの提携と第一次世界大戦の勃発
 3 対華二十一ヵ条要求――革命派中国人との提携の模索
 4 幻の中国・ドイツ連合軍――手段としての帝政復活

第二章 民族自決――戦略としての民主主義
 1 ロシア二月革命の衝撃――大韓民国臨時政府の起源
 2 吉野作造とロシア革命――翻訳語「民族自決」の誕生①
 3 アメリカの参戦と在米朝鮮人
 4 ウィルソンの「民族」と「自決」概念――翻訳語「民族自決」の誕
 生②
 5 終 戦――アメリカと上海における独立請願
 6 二・八独立宣言
 7 ロシア内戦――朝鮮独立運動の新展開

第三章 三・一独立運動――支配者、協力者、そして情報源としての日本
 1 万歳デモの展開
 2 三・一独立運動の準備過程――「自決」とパリ講和会議の情報源
 3 新宿中村屋と崔南善――ウィルソンと日本政府宛の請願書の国際発
 信
 4 三・一独立運動と日本社会
 5 尹致昊の三・一独立運動批判

第四章 朝鮮ナショナリズム――三・一後の独立運動の行方
 1 大韓民国臨時政府というアピール
 2 共産主義運動の台頭――臨時政府と二つの高麗共産党
 3 朝鮮半島における独立運動の展開と分裂

終 章 韓国「建国」の起源

注 
あとがき
図版出典一覧
索引(人名・事項)


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。