大学出版部協会

 

 やがて来たる子どもたちのための倫理学ハンス・ヨナス 未来への責任

ハンス・ヨナス 未来への責任 やがて来たる子どもたちのための倫理学

四六判 288ページ 上製
価格:2,970円 (消費税:270円)
ISBN978-4-7664-2755-4 C0010
奥付の初版発行年月:2021年07月 / 発売日:2021年07月中旬

内容紹介

▼科学技術文明において、現在世代は未来世代を滅ぼすことができる。
アウシュヴィッツの惨禍を生きた哲学者が描く、テクノロジー時代の新たな倫理学

▼気候変動、ゲノム編集、放射性廃棄物――

テクノロジーは、遠い未来にまで影響を及ぼす。
したがって私たちは、まだ生まれていない未来世代に対し、責任を負わなければならない。直感的にはそう思える。
しかし、存在していない者とは合意形成ができず、またそこに人権を認めることもできない。
ここに、ハンス・ヨナスの提唱した、まったく新しい未来倫理学の考え方が呼び出される。
ユダヤ人として二〇世紀を生き、自ら戦場に立った彼は、なぜ「未来への責任」を見出し、そしてどのような思索を重ねたのか。
気鋭の若手による、ヨナス研究の新たな地平。

著者プロフィール

戸谷 洋志(トヤ ヒロシ)

1988 年生まれ。哲学専攻。関西外国語大学・准教授。大阪大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。単著に『Jポップで考える哲学――自分を問い直すための15曲』(講談社、2016年)、『ハンス・ヨナスを読む』(堀之内出版、2018年)、『原子力の哲学』(集英社、2020年)、共著に『棋士と哲学者――僕らの哲学的対話』(イーストプレス、2018年)、『漂泊のアーレント 戦場のヨナス――ふたりの二〇世紀 二つの旅路』(慶應義塾大学出版会、2020年)がある。第31回暁烏敏賞(2015年)、第41回エネルギーフォーラム賞優秀賞(2021年)受賞。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

はじめに
テクノロジーと未来  「本当に人間らしい生き方の永続」
先行研究の概観  本書の構成

第1章 人間と想像力――哲学的人間学Ⅰ
Ⅰ 動物と人間の境界
 宇宙人の思考実験  想像力とは何か
Ⅱ 反転する想像力
 無限の反省  人間像の形成
Ⅲ 墓と形而上学
  なぜ人は墓を建てるのか  形而上学の起源

第2章 歴史をめぐる問い――哲学的人間学Ⅱ
Ⅰ 歴史とは何か
 終わりなき歴史の運動  「自由の場は歴史である」
Ⅱ ユートピアに抗して
 ユートピア主義の論理  凌駕されえない過去  
「未来は未来それ自身である」
Ⅲ 歴史の予測不可能性
 歴史が予測される条件  新しい眼で世界を眺めること

第3章 死の存在論とニヒリズム――哲学的生命論Ⅰ
Ⅰ 「死の存在論」の誕生
 原始の生命観  魂と自然の分離  死の存在論
Ⅱ 亡霊と化す精神
 随伴現象説  シミュレーションされる思考
Ⅲ 人間と世界の断絶
 死の存在論の矛盾  ニヒリズムへの没落

第4章 テクノロジーの脅威――技術論
Ⅰ テクノロジーとはなにか?
 無限の円環  終わりなき進歩
Ⅱ テクノロジーの脅威
 予測不能・対処不能・回収不能  剣と鋤
Ⅲ テクノロジーと倫理
 新しい倫理学の必要性  存在と当為の切断
 形而上学的真理の否定  一つの突破口

第5章 生命とは何か――哲学的生命論Ⅱ
Ⅰ 新たな生命論を目指して
 アメーバが自由であるとしたら  哲学的生命論の方法
Ⅱ 生命と自由
 窮乏する自由  生命の空間性  生命の時間性
Ⅲ 傷つきやすさと実存
 生命の傷つきやすさ  死と実存

第6章 傷つきやすさへの責任――未来倫理学Ⅰ
Ⅰ 責任とは何か
 二つの責任概念  他者への気遣いとしての責任
Ⅱ 責任の対象
 生命の「呼び声」  乳飲み子への責任  子どもの他者性
Ⅲ 責任の主体
 責任と自由  「呼び声」を聴くこと

第7章 未来世代への責任――未来倫理学Ⅱ
Ⅰ 未来世代への責任の基礎づけ
 すべてに先行する責任  「未来の人間は存在するべきである」
Ⅱ 開かれた歴史への責任
 形而上学の開放性  その時々に、別々の仕方で
Ⅲ 未来の予見
 不吉な予言  恐怖に基づく発見術

第8章 アウシュヴィッツ以降の神――神学
Ⅰ なぜ神話を語るのか
 「神は沈黙した」  仮説としての神話
Ⅱ 無力な神の神話
 無力な神  宇宙創成の物語  行為の不死性
Ⅲ 神と記憶
 記憶する神  責任と記憶

おわりに――やがて来る子どもたちのために
 

あとがき
参考文献
索 引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。