大学出版部協会

 

現代日本における政治参加意識の構造と変動

叢書 21COE-CCC 多文化世界における市民意識の動態33
現代日本における政治参加意識の構造と変動

三船毅:著
A5判 384ページ 上製
定価:3,800円+税
ISBN978-4-7664-1459-2 C3331
奥付の初版発行年月:2008年01月

内容紹介

大規模な世論調査のデータを用いて、日本人の政治参加の形態を明らかにし、1970-90年代と2000年代の政治参加の質的転換を実証的に検証する。


三船毅(みふね つよし)
愛知学泉大学コミュニティ政策学部准教授
1998年慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程単位取得退学。博士(法学)。
日本学術振興会特別研究員(DC2)、慶應義塾大学非常勤講師、愛知大学非常勤講師などを経て、現職。専攻は、政治過程論。
主要著作に、「投票参加の低下——90年代における衆議院選挙投票率低下の分析——」日本政治学会[編]『年報政治学2005』第1号(2005年)、「日本における社会参加と住民意識」小林良彰[編]『地方自治体をめぐる市民意識の動態』慶應義塾大学出版会(2005年)、「投票参加理論におけるコスト——ダウンズモデルにおける投票コストと組織・動員——」日本選挙学会[編]『選挙学会紀要』第9号(2007年)など。

目次

 巻頭言       安西祐一郎
 刊行にあたって   小林良彰

序章
 Ⅰ 本研究の問題意識の基底
 Ⅱ 政治参加の現代的役割
 Ⅲ 政治参加構造——参加の統合的視座
 Ⅳ 新しい参加形態
 Ⅴ 先行研究の問題点
 Ⅵ 研究の目的と意義
 Ⅶ 本書の構成
 Ⅷ 本書で用いるデータの紹介

第1部 民主主義と政治参加
第1章 政治参加の理論と定義
 Ⅰ 政治参加の論理
 Ⅱ 多元的民主主義理論とエリート民主主義理論
 Ⅲ 参加民主主義理論と市民社会論・討議民主主義
 Ⅳ 政治参加の定義
 Ⅴ 政治参加の類型化
 Ⅵ まとめ

第2章 政治参加の実証研究
 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 政治参加における実証研究
 Ⅲ 政治参加の変動
 Ⅳ まとめ

第2部 政治参加の構造と変動
第3章 政治参加の形態
 Ⅰ はじめに——現代日本の政治参加
 Ⅱ 投票参加
 Ⅲ 選挙活動
 Ⅳ 個別的接触
 Ⅴ 市民・住民運動
 Ⅵ 新しい参加形態——NPO・NGO・ボランティア
 Ⅶ 住民投票
 Ⅷ まとめ

第4章 政治参加の多次元的構造
 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 政治参加のモード
 Ⅲ 検証的因子分析による分析
 Ⅳ 参加モードの背後に存在する外生的潜在変数としての〈政治参加〉
 Ⅴ まとめ

第5章 政治参加構造の規定要因と変動
 Ⅰ 政治参加構造
 Ⅱ 政治参加構造を分析する視座
 Ⅲ POSAによる構造析出 
 Ⅳ 社会的属性からみたPOSAの構造
 Ⅴ 政治意識からみたPOSAの構造
 Ⅵ 参加構造の規定要因
 Ⅶ まとめ

第6章 55年体制以降における政治参加構造の変動——イデオロギー変容による構造変動
 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 政治参加をとりまくイデオロギーの変容
 Ⅲ 新たな参加形態の析出——ボランタリー・セクターへの参加 
 Ⅳ 新たな参加のイデオロギー
 Ⅴ 参加の対立軸の変遷
 Ⅵ 政治参加構造の変容
 Ⅶ おわりに

第7章 ボランタリー・セクターへの参加——市民社会構築と新しい政治文化
 Ⅰ はじめに
 Ⅱ ボランタリー・セクターの2つの側面
 Ⅲ 分析枠組み
 Ⅳ 政治参加としてのボランティア、NPO活動——対抗関係からコラボレーションへ
 Ⅴ ボランタリズムによる新しい政治文化
 Ⅵ ボランタリズムによる新しい政治文化の創造
 Ⅶ おわりに

終章 結論
 Ⅰ 本研究の論点
 Ⅱ 本研究における新しい知見
 Ⅲ 本研究の問題点
 Ⅳ 政治参加研究における課題
 Ⅴ 展望

参考文献
あとがき
索引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。