大学出版部協会

 

 女子校制服の近代史セーラー服の誕生

セーラー服の誕生 女子校制服の近代史

A5判 400ページ 並製
価格:3,300円 (消費税:300円)
ISBN978-4-588-32607-3 C0021
奥付の初版発行年月:2021年12月 / 発売日:2021年12月上旬

内容紹介

明治政府は近代化の象徴として洋装を推奨したが、とくに女性のあいだでなかなか普及しなかった。それが大正末期から昭和にかけて、高等女学校のセーラー服として一気に拡がりをみせる。セーラー服の制服が生まれて百年。なぜ女学生たちはセーラー服にあこがれたのか。本書は、全国すべての高等女学校を調査した集大成。図版約100点、「全国高等女学校の洋式制服一覧」を付す。

著者プロフィール

刑部 芳則(オサカベ ヨシノリ)

1977年東京都生まれ。中央大学大学院博士後期課程修了。博士(史学)。中央大学文学部日本史学専攻兼任講師を経て,現在は日本大学商学部准教授。専門は日本近代史。
2018年度のNHK大河ドラマ「西郷どん」軍装・洋装考証。2020年度のNHK連続小説ドラマ「エール」風俗考証を担当。「武田鉄矢の昭和は輝いていた」(BSテレ東)などテレビ出演多数。
主要著作に
『洋服・散髪・脱刀』(講談社選書メチエ,2010年)
『明治国家の服制と華族』(吉川弘文館,2012年)日本風俗史学会江馬賞受賞
『京都に残った公家たち』(吉川弘文館歴史文化ライブラリー,2014年)
『三条実美』(吉川弘文館,2016年)
『帝国日本の大礼服』(法政大学出版局,2016年)
『公家たちの幕末維新』(中公新書,2018年)
『古関裕而』(中公新書,2019年)ほか。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

はじめに セーラー服誕生百年 女子生徒の服装観と人気の理由

序章 魅力的なセーラー服
福岡女学院・平安女学院・金城学院:セーラー服の起源/女子学習院と東京女学館:お嬢様学校の象徴/東京女子師範学校附属高等女学校:エリート女性の誇り

第一章 体操服と改良服
セーラー服の起源/服装改善運動の展開/洋服を採用する高等女学校/関東大震災の影響という創られた神話

第二章 服育としての効果
上級生と下級生の心の絆/セーラー服を着る条件

第三章 セーラー服の三都と三港
東京府/京都府/大阪府/神奈川県/兵庫県/長崎県

第四章 セーラー服に統一を図った県
福岡県/愛知県/山口県/広島県/群馬県/宮城県/栃木県/富山県/静岡県/岡山県

第五章 洋式の制服の統一を嫌う県と制定が遅れる県
統一を嫌う山形県と新潟県/洋式の制服の制定が遅れる長野県

第六章 全国のセーラー服の状況と個性
最北端と最南端の制服事情/東北地方の制服/関東地方の制服/中部地方の制服/近畿地方の制服/中国地方の制服/四国地方の制服/九州地方の制服

第七章 個性の強いミッション系
姉妹校ではない制服のつながり/セーラー服を着たがる生徒たち/自由を重視する校風と華美の抑止を求める声/姉妹校の関係性

第八章 日中戦争とアジア・太平洋戦争下のセーラー服

終章 セーラー服が誕生した意味

資料 全国高等女学校の洋式制服一覧


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。