大学出版部協会

 

 ヒューム宗教論集 Ⅰ宗教の自然史〈新装版〉

叢書・ウニベルシタス32
宗教の自然史〈新装版〉 ヒューム宗教論集 Ⅰ

四六判 142ページ 上製
価格:2,420円 (消費税:220円)
ISBN978-4-588-09932-8 C1310
奥付の初版発行年月:2011年03月 / 発売日:2011年03月上旬

内容紹介

謎と神秘にみちた宗教の起源と盛衰を自然史的に考察し、多神教と一神教の比較を通じて人間本性の深部に迫る。宗教学・哲学・文化人類学等に大きな方法論的影響をあたえた先駆的論考であり、ヒューム再評価を促す古典。〔哲学・宗教〕

著者プロフィール

D.ヒューム(ヒューム デイヴィッド)

1711年4月26日生まれ.スコットランドを代表する哲学者.エディンバラ大学で学び,哲学やその他の分野についての執筆活動をするとともに,フランス大使秘書などに就く.ルソーとの交流とその破綻はよく知られている.1776年8月25日死去.主な著作:『人間本性論』(1739-40),『人間本性論摘要』(1740),『人間知性研究』(1748),『道徳原理研究』(1751),『宗教の自然史』(1757),『イングランド史』(1754-61)など.死後,『自然宗教に関する対話』(1779)が公刊された.

福鎌 忠恕(フクカマタダヒロ)

1941年上智大学文学部独文学科卒業.元東洋大学名誉教授.文学博士.1991年4月死去.専攻:言語社会学,知識社会学.訳書:バークレ『人間知識の原理』,ヴィーコ『ヴィーコ自叙伝』,ヒューム『自然宗教に関する対話』『奇蹟論・迷信論
・自殺論』(以上,共訳),ほか.

斎藤 繁雄(サイトウシゲオ)

1959年東洋大学大学院文学研究科哲学専攻(修士)修了.現在,東洋大学名誉教授.文学博士.専攻:イギリス哲学.著書:『ヒューム哲学と「神」の概念』.訳書:『宗教とその形成』(ホワイトヘッド著作集第7巻),ヒューム『自然宗教に関する対話』『奇蹟論・迷信論・自殺論』『人間知性研究』(以上,共訳)ほか.

上記内容は本書刊行時のものです。


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。