大学出版部協会

 

 文学のありかを探る漢文ノート

漢文ノート 文学のありかを探る

四六判 320ページ
価格:2,970円 (消費税:270円)
ISBN978-4-13-083083-6 C1098
奥付の初版発行年月:2021年11月 / 発売日:2021年11月上旬

内容紹介

漢字圏では、文学という語は古典と近代で意味の断絶をともないつつ、同じ語の形である「文学」がなお用いられている。その糸をたぐり寄せ,新たな視界へと導くエッセイ集。四季おりおりの話題をからめながら、ことばの交わりをたどり、漢文脈の森にわけいり、文学のありかを探る。PR誌『UP』で2006年から約11年にわたり連載された「漢文ノート」のうち、第13回から24回分を書籍化。

著者プロフィール

齋藤 希史(サイトウ マレシ)

東京大学大学院人文社会系研究科教授

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

はじめに

【春】
霞を食らう
ともに詩を言う
双剣
年年歳歳
走馬看花
悼亡

【夏】
瓜の涙
斗酒なお辞せず
口福
帰省
スクナシジン
友をえらばば

【秋】
満目黄雲
蟬の声
菊花の精
隠者の琴
読書の秋
起承転結

【冬】
書斎の夢
郎君独寂寞
二人組
詩のかたち
杜甫詩注
漢詩人


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。