大学出版部協会

 

 「書かず」と書くこと省筆論

省筆論 「書かず」と書くこと

4月6日 300ページ
価格:2,900円+税
ISBN978-4-13-083073-7 C1095
奥付の初版発行年月:2017年07月 / 発売日:2017年07月下旬

内容紹介

叙述において,あえて「書かない」と書くことで,作者は何を表現したかったのか.『源氏物語』を中心に,さらに近代に翻訳を試みた与謝野晶子や谷崎潤一郎とも比較しながら,現代においても多用される「書かず」の叙述に迫る.レトリックによって深まる文章表現の技に光をあてる文学論.


目次

「書かず」と書くこと

第一部  
省筆論
夕顔以前の省筆
貫之が諫め
卑下の叙法
「ようなさにとどめつ」考
「思ひやるべし」考
与謝野晶子訳『紫式部日記』私見
省筆の訳出
「御返りなし」考

第二部 
施錠考
村雨の軒端
硯瓶の水
いとやむごとなききはにはあらぬが
「涙」の表記
玉葛の旧跡

The Uses of Ellipsis: “Telling”Without Saying
Takashi TAMURA


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。