大学出版部協会

 

アニマルサイエンス3 イヌの動物学 第2版

アニマルサイエンス 第2版
アニマルサイエンス3 イヌの動物学 第2版

A5判 240ページ
定価:3,800円+税
ISBN978-4-13-074023-4 C3345
奥付の初版発行年月:2019年11月 / 発売日:2019年11月中旬

内容紹介

野生から友人へ――イヌはなぜヒトに飼われるようになったのか.オオカミとの関係,家畜化のはじまり,嗅覚や聴覚をはじめ優れた感覚,行動,認知などについて紹介し,パートナーとしてのイヌとの絆をさぐる.初版の出版から約20年の研究動向をふまえて改訂.

著者プロフィール

猪熊 壽(イノクマ ヒサシ)

東京大学附属動物医療センター教授

遠藤 秀紀(エンドウ ヒデキ)

東京大学総合研究博物館教授

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

第1章 野生から人類の友人へ――進化と家畜化
 イヌのなかま
 イヌの進化
 家畜化と再野生化
 つくられた品種
 現在のイヌの役割

第2章 狩人としてのイヌ
 狩猟戦術
 超感覚
 追いかける
 雑食動物としてのイヌ
 イヌの栄養学

第3章 群れの生活とイヌの行動
 群れとリーダー
 支配と服従 
 繁殖生理と性行動
 個体の行動の発達
 つくられた行動

第4章 ヒト社会のなかに生きる動物
 なぜヒトはイヌを飼うのか
 ヒトを癒す
 問題行動
 ヒトとイヌに共通する感染症

第5章 これからのイヌ学――ヒトとのよりよい関係を求めて
 つくられたイヌの宿命
 高齢化するイヌたち
 これからのイヌとヒトの関係

補 章 イヌ知のいま
 イヌはどこから来たのか
 “賢さ”の本質

あとがき/第2版あとがき


Zoology of Domestic Dogs, 2nd Edition
(Animal Science 3)
Hisashi INOKUMA and Hideki ENDO



一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。