大学出版部協会

 

哺乳類の生物学5 生態 新装版

哺乳類の生物学 新装版
哺乳類の生物学5 生態 新装版

A5判 160ページ
定価:3,700円+税
ISBN978-4-13-064265-1 C3345
奥付の初版発行年月:2020年01月 / 発売日:2020年01月上旬

内容紹介

哺乳類と環境との関係について,分布,生息地,ホームレンジ,食性,個体群,種間関係,植物との関係,さらに保全など,生態学にとって基礎的なテーマにそって,豊富な事例をあげながらわかりやすく解説する.哺乳類の生態について学ぶために必須の入門書.

著者プロフィール

高槻 成紀(タカツキ セイキ)

麻布大学いのちの博物館上席学芸員

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

1 生態学と哺乳類
1.1 生態学的な考え方
1.2 哺乳類の特徴

2 分布と生息地
2.1 種数
2.2 分布と体サイズ
2.3 密度とバイオマス
2.4 生息地
2.5 ホームレンジと移動

3 資源利用
3.1 食性
3.2 草食獣の採食生態
3.3 食性と社会

4 個体群
4.1 生命表
4.2 個体数の増加と安定
4.3 個体数を抑制するもの
4.4 個体数変動
4.5 密度と環境収容力

5 動物と植物との関係
5.1 採食影響
5.2 植物による防衛
5.3 種子散布

6 高次レベルの現象
6.1 群れることの意義
6.2 種間関係
6.3 群集と生態系

7 生態学からみた保全
7.1 哺乳類の特徴と保全
7.2 減少しやすい種
7.3 野生動物の減少と絶滅
7.4 哺乳類による被害
7.5 哺乳類の保全と生態学――なにを守るのか


Mammal Ecology, New Edition
(Biology of the Mammals 5)
Seiki TAKATSUKI


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。