大学出版部協会

 

哺乳類の生物学2 形態 新装版 

哺乳類の生物学 新装版
哺乳類の生物学2 形態 新装版 

A5判 176ページ
定価:3,700円+税
ISBN978-4-13-064262-0 C3345
奥付の初版発行年月:2020年01月 / 発売日:2020年01月上旬

内容紹介

生物の「かたち」を対象としてゲーテによって体系づけられた解剖学.哺乳類の形態と機能について,解剖学にもとづき適応や進化との関係にふれながら解説する.ヒトに関する知識と比較しながら学ぶ肉眼解剖学入門の書.

著者プロフィール

大泰司 紀之(オオタイシ ノリユキ)

北海道大学名誉教授

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

1 体の基本構造――解剖学概論
1.1 哺乳類の形態の起源
1.2 体の基本構造

2 体の表面――外皮と角
2.1 皮膚・毛・皮膚腺
2.2 肉球・爪・蹄
2.3 角と枝角

3 運動系――骨格と筋肉
3.1 骨格
3.2 筋肉
3.3 運動系の構造と機能

4 歯――採食と咀嚼
4.1 歯学概論
4.2 歯の形態と機能
4.3 口と咀嚼

5 内臓――消化・呼吸・泌尿・生殖
5.1 体腔
5.2 消化器系
5.3 呼吸器系
5.4 泌尿生殖器系

6 感覚器系――見る・聞く・味わう・嗅ぐ
6.1 目と視覚
6.2 耳と聴覚・平衡感覚
6.3 舌と味覚
6.4 鼻と嗅覚


Morphology of the Mammals, New Edition
(Biology of the Mammals 2)
Noriyuki OHTAISHI


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。