大学出版部協会

 

 隈研吾・東大最終講義 10の対話くまの根

くまの根 隈研吾・東大最終講義 10の対話

A5判 424ページ
価格:3,300円 (消費税:300円)
ISBN978-4-13-063818-0 C1052
奥付の初版発行年月:2021年05月 / 発売日:2021年05月中旬

内容紹介

各界第一線で活躍する協働者・恩師・友人ら22人がユニークな隈研吾論を展開.隈を交えた鼎談では,知られざるエピソードや影響関係が語られ,建築家の隈研吾の創作のルーツが明らかにされる.2019年から2020年に東京大学安田講堂でおこなわれた東京大学最終連続講義「工業化社会の後にくるもの」を待望の書籍化.

著者プロフィール

隈 研吾(クマ ケンゴ)

東京大学特別教授,建築家

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

第1回 集落からはじまった
 講演 隈研吾の原点となった集落調査(原広司)
 鼎談 集落調査から学んだ仕事のリズム(原広司×セン・クアン×隈研吾)
 回想 第三の途の可能性(隈研吾)

第2回 家族とコミュニティの未来
 講演 苦節一〇年から「移ろう建築」へ(上野千鶴子)
 鼎談 バブルの大きな授業料(上野千鶴子×三浦展×隈研吾)
 回想 ボロさという方法(隈研吾)

第3回 コンクリートから木へ
 講演 コンクリートから木造へ(内田祥哉)
 講演 木造の終焉は近い(深尾精一)
 鼎談 混構造的に木造を捉える自由を学ぶ(内田祥哉×深尾精一×隈研吾)
 回想 「正義」と「傘」からの自由(隈研吾)

第4回 街づくりとクラフト
 講演 デザインを通した隈研吾との協働(原研哉)
 講演 一流と出会える地域をつくる(鈴木輝隆)
 講演 紙を育て,人を育てる(小林康生)
 講演 左官職人は景観をつくる(挾土秀平)
 鼎談 奥深いモノの世界へ(原研哉×鈴木輝隆×小林康生×挾土秀平×隈研吾)
 回想 聞き続けること(隈研吾)

第5回 緑と建築
 講演 緑,造園,原点は「庭園」,「日本庭園」それから「ランドスケープ」(進士五十八)
 講演 ランドスケープ・デザインの本質と建築(涌井史郎)
 鼎談 環境の時代の庭園がもつ機能(進士五十八×涌井史郎×隈研吾)
 回想 やさしい相棒(隈研吾)

第6回 アートと建築
 講演 アートと建築,建築はアート(高階秀爾)
 講演 未完成を完成のなかにつなげる建築家(伊東順二)
 鼎談 アートの未来,建築の未来(高階秀爾×伊東順二×隈研吾)
 回想 小さな地方,小さな場所(隈研吾)

第7回 歴史と継承
 講演 歴史を継承して建築をつくる(藤森照信)
 講演 昭和期における権力の館(御厨貴)
 鼎談 建築と政治(藤森照信×御厨貴×隈研吾)
 回想 弁証法から微分へ(隈研吾)

第8回 エンジニアリングの未来
 講演 小さな建築から見えてくること(江尻憲泰)
 講演 透明な構造デザインで生み出す(佐藤淳)
 鼎談 二〇二〇年以降の構造(江尻憲泰×佐藤淳×隈研吾)
 回想 LABOという場所(隈研吾)

第9回 世界と日本
 講演 東京とニューヨークの交流(バリー・バーグドール)
 講演 物質の詩学と物質性のイデオロギー(ボトンド・ボグナール)
 鼎談 建築のグローバリゼーション(バリー・バーグドール×ボトンド・ボグナール×隈研吾)
 回想 東大建築の批判的遺伝子(隈研吾)

第10回 コンピュテーショナルデザインとクラフト
 講演 アルベルティによる設計と施工の分離(マリオ・カルポ)
 講演 VR技術とは何か(廣瀬通孝)
 鼎談 箱の外に出ること(マリオ・カルポ×廣瀬通孝×隈研吾)
 回想 方法の発見(隈研吾)


The Roots of Kuma's Works:
Ten Last Lectures at the University of Tokyo
Kengo KUMA, Editor


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。