大学出版部協会

 

東大塾 IoT講義

東大塾 IoT講義

A5判 216ページ
定価:3,400円+税
ISBN978-4-13-063817-3 C1050
奥付の初版発行年月:2020年02月 / 発売日:2020年02月下旬

内容紹介

あらゆるモノをネットワークでつなげるという1980年代以来の構想がいよいよ実現しはじめ,世界中の企業が次々と新たなサービスを生み出している.世界はどこまでデジタル化できるのか.IoT(Internet of Things)による生活と社会の変革の現状と未来を語る.

著者プロフィール

喜連川 優(キツレガワ マサル)

東京大学生産技術研究所教授/国立情報学研究所所長

野城 智也(ヤシロ トモナリ)

東京大学生産技術研究所教授

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

まえがき(喜連川優・野城智也)

I IoTにすまう
イントロダクション(野城智也)
第1講 すまいからの未来提案――その実例と展望・課題(高田 巖)
第2講 ネット回線事業からインテリジェントホームへ(武田浩治)

II あまねく進むデジタルトランスフォーメーション
イントロダクション(野城智也)
第3講 ユビキタスコンピューティングからIoTへ(越塚 登)
第4講 デジタルの威力――事業・社会・地方を変える(森川博之)
第5講 何でも安心してつながるようになるためには(馬場博幸)

III イノベーションを推し進める技術たち
イントロダクション(野城智也)
第6講 ウェアラブルエレクトロニクス――IoTの一部としての人体(染谷隆夫)
第7講 「自分を見るメガネ」の可能性(稲見昌彦)
第8講 MEMSエナジーハーベスターによる電力供給(年吉 洋)

あとがき――IoT四原則(野城智也)


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。