大学出版部協会

 

 科学で解き明かす運動と栄養の効果スポーツでのばす健康寿命

スポーツでのばす健康寿命 科学で解き明かす運動と栄養の効果

A5判 304ページ
定価:2,800円+税
ISBN978-4-13-053702-5 C1075
奥付の初版発行年月:2019年10月 / 発売日:2019年11月上旬

内容紹介

高齢社会において健康寿命をいかにのばすか? 自分のからだの状態を知るためのセルフチェック方法や運動プログラム,肥満,骨粗しょう症,糖尿病,がん,うつ病などを予防するための運動法,健康を維持するための食事と栄養について,エビデンスベースでくわしく解説.

著者プロフィール

深代 千之(フカシロ センシ)

東京大学大学院総合文化研究科教授/日本体育学会会長

安部 孝(アベ タカシ)

ミシシッピ大学客員教授

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

はじめに
序章 サステナブルな健康のために(深代千之・安部 孝)

第1章 セルフチェック―健康・体力の余裕度を診断する方法
 1.1 見ためと中身――痩身・肥満(真田樹義)
 1.2 健康寿命をつかむ――握力(安部 孝)
 1.3 老いは脚から――下肢筋力余裕度(深代千之)
 1.4 足並み拝見――歩行能力(沢井史穂)
 1.5 ゆるぎない骨格とは――骨密度(小田俊明)
 1.6 からだの硬さ・柔らかさ――柔軟性(山口太一)
 1.7 からだは揺れている――バランス能力(政二 慶)
コラム セルフチェックの活用(深代千之)

第2章 さあ実践へふみだそう――健康・体力づくりへの挑戦
 2.1 移動手段は健康ジム――ウォーキング・ジョギング(安部 孝・尾崎隼郎)
 2.2 ペダルを回した数だけ健康になる?――サイクリング・自転車エルゴメータ(尾崎隼朗)
 2.3 水の驚くべき効果――スイミング・水中ウォーキング(小野寺 昇)
 2.4 自分の重さは何でも使え――自体重エクササイズ(沢井史穂)
 2.5 クロトナのミロの教え――レジスタンス運動(Jeremy P. Loenneke・安部 孝)
コラム バリアフリーの功罪(深代千之)
コラム 爽快ジョギング(深代千之)

第3章 教養として知りたい運動の効果――生活習慣病・運動器疾患・認知能力
 3.1 肥満の予防と改善(真田樹義)
 3.2 痩身の問題と課題(真田樹義)
 3.3 血圧コントロール(家光素行)
 3.4 高脂血症の予防と改善(家光素行)
 3.5 糖尿病の予防と改善(井垣 誠)
3.6 変形性膝関節症の予防と改善(福井尚志)
 3.7 骨粗しょう症の予防と改善(緑川泰史)
 3.8 がんの予防(澤田 亨)
 3.9 認知機能の維持と改善(中本浩揮)
 3.10 抑うつの予防と改善(小田切優子)
 3.11 不眠の予防と睡眠改善(駒田陽子・岡島 義)
 コラム ロコモティブシンドローム(深代千之・安部 孝)

第4章 食事と栄養――健康の保持と増進(寺田 新)
 4.1 若いころから気をつけよう――青年・中年期の栄養状態と高齢期の健康との関係
 4.2 高齢期の栄養状態と健康
 4.3 なぜ食事量が減るのか?
 4.4 低栄養状態を克服する――栄養学的手法
 4.5 高齢者における特有の難しさ――早期対策の重要性
コラム 食事や健康法に関する信頼性の高い情報とは?

おわりに
索 引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。