大学出版部協会

 

 神,それは社会である宗教社会学

宗教社会学 神,それは社会である

四六判 320ページ
価格:3,080円 (消費税:280円)
ISBN978-4-13-053031-6 C1036
奥付の初版発行年月:2021年05月 / 発売日:2021年05月上旬

内容紹介

いまも神は,いたるところで生きている――.社会学の知見に立ち,「宗教とは何か」に迫るとともに,政治・経済・学問・芸術・スポーツなどの根底に息づく宗教の論理を,身近な題材を通して鮮やかに描き出す.〈宗教社会学〉のリスタートを告げる入魂の一冊.

著者プロフィール

奥井 智之(オクイ トモユキ)

亜細亜大学経済学部教授

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

はじめに
 宗教社会学/生の苦難/ホモ・レリギオースス

1章 宗教 自己言及的システム
 楽園追放/聖なるもの/知性の限界/儀礼のシステム/神なき時代/祭りのコミュニティ

2章 信仰 生を自覚的に生きる
 修羅道/二度生まれ/生の技法/ロビンソン・クルーソー/「父」の代用品/死と再生

3章 教団 敵対して,団結する
 排除の論理/宗教と社会/宗教的な一体感/魔女裁判/カリスマ/「新宗教」の時代

4章 儀礼 生活のリズムを刻む
 ローカルな集団/社会的な現実/イニシエーション/コミュニタス/トマスの公理/生活のリズム

5章 政治 ユートピアの思想史
 アウトサイダー/「国民」の概念/大衆運動/「千年王国」の進行/ユートピア/日本の左派

6章 経済 われらは神を信じる
 丸餅/自己調整的市場/魔術的世界/フェティシズム/禁欲説と解放説/日本型の集団主義

7章 学問 オープンな学びの場
 八宗兼学/永劫の罰/エピステーメー/専門家の権威/バベルの塔/受験の神

8章 芸術 「美」の感覚の共有
 修二会の聴聞/祭儀から演劇へ/美のコミュニティ/文化貴族/ディオニュソス的なもの/黒川能

9章 スポーツ 国民的一体感の醸成
 スポーツ観戦/フットボール/興奮の追求/オリンピック/現代の神話/ナショナルな格闘技

10章 セクシュアリティ 「愛」の理想と現実
 結婚式/「愛」の関係/道徳の根源/性の神話/姦淫/歌垣

11章 生と死 生の不安,死の恐怖
 即身仏/バーチャル・リアリティ/実存的不安/老年期/葬礼/日本的な死生観

12章 新しい宗教 巨人の肩の上に立つ
 天理教/世俗化/原理主義/カルト/スピリチュアリティ/日蓮主義

おわりに
 神,それは社会である/壜のなかのメッセージ/根源的な問題


Sociology of Religion:
God is Society, writ large
Tomoyuki OKUI


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。