大学出版部協会

 

 「番外地」テレビ局の生存戦略攻めてるテレ東,愛されるテレ東

攻めてるテレ東,愛されるテレ東 「番外地」テレビ局の生存戦略

四六判 220ページ
定価:2,400円+税
ISBN978-4-13-053029-3 C1036
奥付の初版発行年月:2019年10月 / 発売日:2019年10月下旬

内容紹介

テレビ離れが進むなか,いま最も視聴者から「愛されている」テレビ局,テレ東.そこに至るまでは後発局ゆえの挫折と苦闘の歴史があった.テレ東設立の歴史的経緯を辿り,テレ東が支持される理由(たのしさ)を存分に分析する.現在のメディア状況,ひいては日本社会のテレビの将来的可能性についての探求の書.「一番テレビを見ている社会学者」渾身の書下ろし!!

著者プロフィール

太田 省一(オオタ ショウイチ)

社会学者/文筆家

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

はじめに 攻めてるテレ東,愛されるテレ東 
 〝愛されるテレ東〞──「テレ東だけアニメ」の安心感
 テレビ東京は攻める──「テレ東だけサッカー」になった日
 平成とともに脚光を浴びた「テレ東らしさ」
 〝主人公〞になったテレビ東京──本書の目的と構成

歴史編 テレ東と戦後

1 科学教育専門局・東京12チャンネルの誕生──もうひとつの「1964」 
 財団が作ったテレビ局
 なぜ科学教育専門局だったのか?
 東京オリンピックと東京タワー
 開局初日のSFドラマ
 三すくみの構造
 いきなり訪れた危機
 日本経済新聞の経営
 参加,そして一般総合局へ
 「テレ東らしさ」の原点

2 「番外地」の挑戦──苦闘する一九六〇・七〇年代 
 三強一弱一番外地
 「女子プロレス」中継,当たる
 『プレイガール』と『ハレンチ学園』
 「エロ」の時代背景
 もうひとつの〝プロレス〞──ローラーゲームブーム
 『年忘れにっぽんの歌』から『演歌の花道』へ
 アイドル番組の老舗的存在に──『ヤンヤン歌うスタジオ』
 他局へ移った音楽番組──『題名のない音楽会』
 箱根駅伝中継事始め
 中川順の三つの構想

3 「フジテレビの時代」と「テレ東」のニッチ狙い──模索する一九八〇・九〇年代 
 「フジテレビの時代」と第二のスタート
 「テレビ東京」誕生と「12時間ドラマ」
 日本一早いスポーツニュース
 ニッチとしての経済ニュース──『ワールドビジネスサテライト』始まる
 「日常」もエンタメになる──『クイズ地球まるかじり』と『出没!アド街ック天国』
 「素人」が主役──『所ジョージのドバドバ大爆弾』の新しさ
 『浅ヤン』のタブー破り
 『開運!なんでも鑑定団』が醸し出した「テレ東らしさ」
 「素人」の凄さを見せる──『TVチャンピオン』の登場
 模倣される「テレ東」

4 「テレ東」ブランドの確立──躍進する二〇〇〇年代以降 
 アニメのテレ東
 「エヴァ現象」と深夜アニメ
 深夜ドラマの冒険──「ドラマ24」
 深夜バラエティが引き出す芸人の底力──『ゴッドタン』
 『モヤモヤさまぁ〜ず2』と「ユルさ」の誕生
 旅番組はエンタメになる──『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』
 「経済ドキュメンタリー」という挑戦
 受け継がれる「テレ東らしさ」──「池上彰の選挙ライブ」シリーズ
 分析編に向けて

分析編 テレ東が愛されるワケ

5 「素人」と「ユルさ」──「袖すり合うも他生の縁」の実践 
 なぜ,「素人」は特別なのか
 出川哲朗が人気になる理由
 芸人と「素人」が等価になるとき
 「ユルさ」という〝救い〞
 笑いだけではない「ユルさ」
 「ユルい」人生との出会い
 テレビだからできるコミュニケーション

6 「深夜番組」人気──オタク化する世界の地平 
 『やりすぎコージー』がたどった道
 「ゴールデン降格」と言われる時代
 『やりすぎ都市伝説』が物語るマニアの大衆化
 熱量を描く──『アオイホノオ』の魅力
 深夜が引き出す過激さ──『おそ松くん』から『おそ松さん』へ
 深夜のアイドル──『マジすか学園』の場合
 『ゴッドタン』が示す「笑い」への覚悟
 『タモリ倶楽部』の変容
 テレビにおけるオタク文化とサブカルチャー

7 テレ東とNHK──ニッチを狙え 
 NHKとテレ東は似ている?
 公共放送と民間放送
 東京オリンピックがNHKを飛躍させた
 NHKは言論機関ではなく報道機関
 テレビジャーナリズムとはなにか?
 ドキュメントとしての「顔」
 『NHK特集』から『NHKスペシャル』へ
 NHKは「体制内ニッチ」,テレビ東京は「体制外ニッチ」
 『山河燃ゆ』と『二つの祖国』
 「やりつくされた感」に抗して

8 テレ東支持の構造──テレビの外側の「リアル」の彼方へ 
 戦後を生き延びた「テレビっ子」
 趣味のコミュニティ──テレビと社会の関係が逆転した平成
 よりマニアックに──インターネットの普及のなかで
 「リアル」を探し求めて──最前線に立つテレビ東京
 「リアル」と社会──テレビ東京の前に立ちはだかるもの
 いま,「テレビっ子」はどこにいるのか?──視聴者の成熟とテレビ東京の役割

おわりに 「テレ東的なもの」,その本質と可能性 
 リアルなフィクションへ
 経済をドラマにする
 『孤独のグルメ』はなぜ成功したか
 他者との関係性にふれる──『きのう何食べた?』のリアル
 「私テレビ」としてのテレビ東京──日本的テレビメディアの可能性

あとがき


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。