大学出版部協会

 

 人間的未来へのデモクラティックな教育学習を超えて

学習を超えて 人間的未来へのデモクラティックな教育

A5判 184ページ
価格:4,180円 (消費税:380円)
ISBN978-4-13-051359-3 C3037
奥付の初版発行年月:2021年09月 / 発売日:2021年09月上旬

内容紹介

現代の教育思想家ビースタの最初の理論的単著,待望の全訳.アレント,デューイらをひもとき,主体,デモクラシーの語り方の再定位をおこない,教育の私事化批判のさらにさきに,教育の固有性を考える思想的基礎に果敢に踏み込んでゆく.

著者プロフィール

ガート ビースタ(ガート ビースタ)

アイルランド・メイマス大学教授ほか

田中 智志(タナカ サトシ)

東京大学大学院教育学研究科教授

小玉 重夫(コダマ シゲオ)

東京大学大学院教育学研究科教授

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

はしがき

プロローグ

第1章 学習に抗して――学習の時代に教育の言語を取りもどす
学習の新しい言語
学習に抗うのか
学習から教育へ――何が教育的な関係性を構築しているのか
(根拠なき)信頼
(超越論的)暴力
(知識なき)責任
教育のために

第2章 現れ出来すること――主体の死の後の教育
教育の主体
人間の終焉
主体の後にだれがくるのか
客体空間のバーチャル・リアリティ
建築空間――離接的空間
他者の空間――間主観的空間
応答責任の空間――倫理的空間
結論

第3章 何も共有していない人たちの共同体――教育と応答可能性の言語
近代社会――近代の共同体
ポストモダンにおける見知らぬ人
何も共有していない人たちの共同体
応答可能性の言語
理性的共同体と「他なる」共同体
教育の共同体
結論

第4章 教育はどのように困難であるべきか
政治と政治的共同体
ハンナ・アレントと政治の困難さ
活動の苦難
自由,活動,複数性 
自由が現れうる空間
訪問すること
教育はどのように困難であるべきか

第5章 教育のアーキテクチャ――世界的空間を創出する
教育とビルドゥングの伝統
今日,私たちはどこにいるのか
ビルドゥング――世界に開かれた空間を創出する  
建築――世界に開かれた空間を創出する
結論――ビルドゥング/建物のパラドクス

第6章 教育とデモクラティックな人格
デモクラシーと教育の再概念化
デモクラシーを定義する
デモクラシーのための教育
デモクラシーを通じた教育  
教育にとってデモクラシーは問題か
イマニュエル・カント――デモクラティクな人格の個人主義的概念化
ジョン・デューイ――デモクラティクな人格の社会的概念化
ハンナ・アレント――デモクラティクな人格の政治的概念化
教育とデモクラティックな人格
デモクラティックな教育への三つの問い
結論

エピローグ 中断のペタゴジー 

文献

監訳者あとがき(田中智志・小玉重夫)


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。