大学出版部協会

 

 協働学習の活動理論拡張する学校

拡張する学校 協働学習の活動理論

4月6日 304ページ
価格:3,500円+税
ISBN978-4-13-051335-7
奥付の初版発行年月:2017年06月

内容紹介

学習が,学校が,もっと創造的であるための条件とは何か.ヴィゴツキー,レオンチェフ,エンゲストロームの活動理論を導きに,また,デューイや大正新教育の思想と実践の水脈をたどりつつ,教えることと学ぶこと,知識・生活・学習の関係を新たに作り直すような,可能なる学校の未来像を描く.


目次

まえがき

第I部 活動理論と学校のイノベーション
1 活動理論と学校教育の創造——協働する活動システム
2 学びとしての学校改革——拡張的学習と形成的介入の方法論
3 ハイブリッドな学習活動のデザインへ——学校での伝統的な学習を超えて

第II部 生活教育の思想と子どもとともに創る学習活動
4 エリ・エス・ヴィゴツキーの生活教育論
5 野村芳兵衞における「本を作る教育」のカリキュラム——子ども文化の創造のために
6 喜びとしての道徳教育——スピノザ,ヴィゴツキー,野村芳兵衞

第III部 活動理論の展開と学校教育の実践開発
7 子どもの主体的な探究学習と活動システムの転換——UCLAラボスクールにおける授業実践の活動理論的分析
8 ノットワーキングによる学習——学校学習の文脈を拡張する可能性
9 子どもたちの拡張的学習——教育研究の新たな挑戦

あとがき


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。