大学出版部協会

 

 ケース記録から読み解く支援・連携・協働児童相談所の役割と課題

児童相談所の役割と課題 ケース記録から読み解く支援・連携・協働

A5判 216ページ
定価:4,400円+税
ISBN978-4-13-051146-9 C3036
奥付の初版発行年月:2020年04月 / 発売日:2020年04月上旬

内容紹介

児童虐待への社会的関心が非常に高まっている中で,どのような対応策が求められているのだろうか.児童相談所が保管する虐待相談記録をもとに,さまざまな領域の研究者が分析して,現場との橋渡しをおこなう.そのうえで,多職種連携のあり方や制度的基盤の改善策を提示する.

著者プロフィール

遠藤 久夫(エンドウ ヒサオ)

国立社会保障・人口問題研究所所長

野田 正人(ノダ マサト)

立命館大学産業社会学部教授

藤間 公太(トウマ コウタ)

国立社会保障・人口問題研究所社会保障応用分析研究部室長

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

はしがき(遠藤久夫)

序 章 児童虐待をめぐる動向と今日的課題(野田正人・藤間公太)
 1 児童虐待への社会的関心の高まり
 2 児童虐待対応をめぐる論点
 3 学術的課題と本書の位置づけ
 4 各章紹介

第I部 児童保護所における親子分離の実態
 
第1章 児童相談所に求められる親子分離の機能と手続き(野田正人)
 1 親子分離をめぐる潮流
 2 児童相談所の親子分離機能
 3 施設措置や里親委託など
 4 28条審判の申立て
 5 親権の喪失や停止について
 6 一時保護の意味
 7 一時保護の運用
 8 不服申立て制度
 9 おわりに

第2章 一時保護後の親子分離を規定する要因――数量化した虐待相談記録とヒアリングデータを用いた考察(藤間公太・余田翔平)
 1 問題の所在
 2 先行研究
 3 データと方法
 4 ロジットモデルの結果とその解釈
 5 児童相談所職員による解釈
 6 結論

第3章 性的虐待ケースにおける親子分離の発生条件――csQCAによる検討(藤間公太・余田翔平)
 1 問題の所在
 2 先行研究
 3 分析方法
 4 分析結果
 5 考察と結論

第4章 児童相談所の家庭復帰の可否はいかにして判断されるのか?――手探りの安全と保護者との対立(山口季音)
 1 はじめに
 2 児童相談所の保護者との関係と保護者理解
 3 データとなる相談記録
 4 児童相談所にとっての「安全」
 5 職員と保護者の間にある「ズレ」――安全な日常をめぐる保護者の方略
 6 おわりに

第5章 子どもの家庭からの切り離しへの抵抗とその無効化――社会問題のワークとしての児童相談業務 (松木洋人)
 1 はじめに
 2 社会問題のワークとしての児童相談業務
 3 子どもの家庭からの切り離しと親としての資格の問題化
 4 親によるクライアント・ワークと虐待の宙づり・格下げ
 5 おわりに

第II部 関係機関との連携

第6章 幼稚園・保育所等との連携の様相――「見守り」における困難と課題(坪井 瞳)
 1 はじめに
 2 児童相談所ケース記録にみる幼稚園・保育所等と児童相談所とのかかわりの様相
 3 児童相談所と幼稚園・保育所等との連携・協働における困難――「見守り」というマジックワード
 4 おわりに――機関同士のよりよい連携・協働に向けて

第7章 虐待相談記録にみる児童相談所と学校との連携(西本佳代)
 1 はじめに
 2 学校と虐待防止
 3 分析の方法
 4 虐待相談記録データの分析
 5 おわりに

第8章 ケース記録における経済状況の記載の詳細化について――児童相談所と市町村の連携の視点から(泉田信行)
 1 はじめに
 2 分析方法とデータ
 3 結果
 4 考察・結論

第9章 施設職員の視点からみた連携の課題(原田旬哉)
 1 社会状況の変化にともなう児童相談所の役割と,関係機関との連携の重要性
 2 連携のための「感度」の重要性
 3 事例から考える
 4 「感度」の機能が妨げられる背景
 5 今後に向けた提案

終 章 今後の児童虐待対応に向けて(藤間公太)
 1 親子分離をめぐる現場のジレンマと連携をめぐる困難
 2 政策的課題
 3 学術的課題


Roles and Issues of Child Guidance Centers in Japan:
Analysis of Support, Cooperation and Collaboration
Based on Abuse Couseling Record Documents
Hisao ENDO, Masato NODA, and Kota TOMA, Supervisor
National Institute of Population and Social Security Research, Editor


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。