大学出版部協会

 

 日本とヨーロッパ,移民政策を問いなおす多文化共生の社会への条件

多文化共生の社会への条件 日本とヨーロッパ,移民政策を問いなおす

四六判 368ページ
価格:3,850円 (消費税:350円)
ISBN978-4-13-050202-3 C3036
奥付の初版発行年月:2021年02月 / 発売日:2021年02月下旬

内容紹介

1990年施行の入管法改正から約30年.国内の外国人人口は急増し,職場で,地域社会で,学校で,外国人のいる風景は当たり前のものになっている.望ましい共生のあり方とは何か,長年研究を牽引してきた第一人者が論じる,日本社会の変容の歴史と現在,そして未来の可能性.

著者プロフィール

宮島 喬(ミヤジマ タカシ)

お茶の水女子大学名誉教授

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序章 現代イミグレーション政策を問う

1章 日本はどのような外国人労働者受入れ国になったのか
    ――イミグレーションの「一九九〇年レジーム」を問う

2章 日本のイミグレーション政策にみるナショナリズムと血統重視
    ――外国人労働者の受入れの若干の側面

3章 外国人/移民の社会的統合に向けて
    ――地域社会における参加と共生

4章 移民第二世代の就学にみる社会的統合と排除
    ――かれらの高校進学をめぐって

5章 教育と言語をめぐる問題についての覚書
    ――外国人第二世代の子どもをどう支援するか

6章 国籍による包摂と排除
    ――日本とフランスにおける移民と国籍

7章 ヨーロッパにみる移民の「統合」政策の含意
    ――包摂か排除か

8章 移民における失業、貧困、排外の政治
    ――フランスの問題状況を中心に

9章 移民問題の政治化
    ――フランスの2015・16年危機とナショナル・ポピュリスト政治

補論 移民・移民第二世代のプロフィール――TeO調査から

10章 多文化共生を考える――共に生きられる社会とは


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。