大学出版部協会

 

 日系化学企業の組織・立地再編とグローバル化研究開発機能の空間的分業

研究開発機能の空間的分業 日系化学企業の組織・立地再編とグローバル化

A5判 288ページ
価格:6,600円+税
ISBN978-4-13-046125-2 C3033
奥付の初版発行年月:2018年02月 / 発売日:2018年02月下旬

内容紹介

日系化学企業を対象に,研究開発の組織,立地,知識フローのグローバルな動態を明らかにし,分業がどのような論理に基づき成り立っているのかを考察する.イノベーションを活発に起こしていく上で,国内外でいかなる空間的分業が望ましいのかを解き明かす.

著者プロフィール

鎌倉 夏来(カマクラ ナツキ)

東京大学大学院総合文化研究科助教

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序 章 問題の所在と分析枠組み

第I部 研究開発機能の分析理論と化学産業における動向
 第1章 研究開発組織の空間的分業論
 第2章 世界の化学産業の概要と研究開発の動向
 第3章 日本の化学産業における研究開発の概要

第II部 企業における研究開発活動とグローバル化
 第4章 旧財閥系総合化学企業の組織再編と研究開発
 第5章 繊維系化学企業の企業文化と研究開発
 第6章 機能性化学企業の技術軌道と研究開発
 第7章 研究開発機能のグローバル化と空間的分業

終 章 研究開発機能における空間的分業論の課題

Spatial Divisions of Labor in R


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。