大学出版部協会

 

 占領下のパレスチナ 1967-1993蜂起 〈インティファーダ〉

蜂起 〈インティファーダ〉 占領下のパレスチナ 1967-1993

A5判 400ページ
定価:5,800円+税
ISBN978-4-13-036301-3 C3031
奥付の初版発行年月:2020年03月 / 発売日:2020年03月下旬

内容紹介

1987年にパレスチナでなぜイスラエルに対する民衆蜂起(インティファーダ)が起きたのか? パレスチナ人の抵抗の歴史と蜂起の背後にあった構造的な変化を,さまざまな史料を渉猟しスリリングに描き出す.パレスチナ問題に新たな視角を提供する画期的な論考.【第9回東京大学南原繁記念出版賞受賞作】

著者プロフィール

鈴木 啓之(スズキ ヒロユキ)

東京大学中東地域研究センター特任准教授

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序 章  
 問題の所在と背景
 先行研究と課題
 作業課題と分析の方針
 依拠する資料と情報
 本書の構成

I 占領下の人々 

第1章 占領と人々――イスラエルとヨルダンのはざまで 
 1 はじめに
 2 占領の始まり
 3 継続したヨルダンとの関係
 4 蒔かれたインティファーダへの種
 5 おわりに

第2章 「自治」に反対,独立国家に賛成――自治構想への抵抗
 1 はじめに
 2 パレスチナ人指導者の「誕生」
 3 キャンプ・デーヴィッド合意が生んだ行動原理
 4 「PLOへの支持」の戦略的側面
 5 おわりに

第3章 鉄拳政策との対話――「指導者を隠す」抗議活動
 1 はじめに
 2 組織活動の時代へ
 3 「指導者を隠す」工夫
 4 蜂起を繰り返した1980年代
 5 おわりに

II PLOと西岸・ガザ地区

第4章 PLOと西岸・ガザ地区――政治外交の発展と「独立国家」の模索
 1 はじめに
 2 パレスチナ全土解放から国家建設へ
 3 ヨルダンとの関係改善
 4 インティファーダ直前のPLO
 5 おわりに

第5章 インティファーダ――蜂起の政治空間とPLO
 1 はじめに
 2 蜂起の政治空間
 3 政治外交を強めるPLO
 4 蜂起を維持する努力
 5 おわりに

第6章 和平交渉と西岸・ガザ地区――インティファーダの終焉
 1 はじめに
 2 蜂起の変容
 3 マドリード和平会議への参加
 4 オスロ秘密交渉と西岸・ガザ地
 5 おわりに

終 章 蜂起とパレスチナ
 インティファーダとパレスチナ問題
 蜂起の時代は遠ざかったのか?
 新しい抗議活動
 分析の限界と今後の課題


The Mass Uprisings〝Intifada"""":
Occupied Palestine 1967-1993
Hiroyuki SUZUKI


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。