大学出版部協会

 

 ソ連と中国の民族エリート民族自決と民族団結

民族自決と民族団結 ソ連と中国の民族エリート

A5判 400ページ
定価:7,600円+税
ISBN978-4-13-036278-8 C3031
奥付の初版発行年月:2020年03月 / 発売日:2020年03月下旬

内容紹介

「民族自決」を前提として国家建設をしたソ連,同じ社会主義国でありながら,「民族団結」を前提として国家建設をした中国.本書は両国の少数民族政策を比較し,両国の制度的な差異,そして国家そのものの差異を明らかにし,崩壊した国家・ソ連と存続した国家・中国の本質に迫る,気鋭の論考.

著者プロフィール

熊倉 潤(クマクラ ジュン)

アジア経済研究所研究員

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序 章 中ソの差異はどこのあるのか
 本書の取り上げる地域と時期
 本書の構成

I ソ連邦構成共和国の政治エリート集団

第1章 1920年代の共和国政治エリート集団(1920-29年)
 はじめに
 1 1920年代前半における政治エリート集団の形成過程
 2 1920年代後半における政治エリート集団の変容過程
 おわりに

第2章 集団化と経済再建の時期の共和国政治エリート集団(1929-37年)
 はじめに
 1 集団化(1929-30年)
 2 危機下の迷走(1931-33年)
 3 集団化後の展開
 おわりに

第3章 大テロルと大祖国戦争の時期の共和国政治エリート集団(1937-45年)
 はじめに
 1 大テロル期の変化
 2 大テロル後の変化(1938年5月-40年)
 3 大祖国戦争期(1941-45年)
 おわりに

II 中国少数民族自治区の政治エリート集団
   
第4章 国家建設期の自治区政治エリート集団(1949-56年)
 はじめに
 1 建国初期の新彊省指導部
 2 新彊ウイグル自治区指導部の誕生
 おわりに

第5章 反右派闘争と大躍進運動の時期の自治区政治エリート集団(1957-65年)
 はじめに
 1 反右派闘争
 2 大躍進運動
 おわりに

第6章 文革期の自治区政治エリート集団(1966-76年)
 はじめに
 1 文革初期(1966-68年)
 2 文革中期(1968-72年)
 3 文革後期(1973-76年)   
 おわりに

終 章 民族自決と民族団結
 統計から見た差異
 他の連邦構成共和国,少数民族自治区を含めた一般化
 下級自治単位を含めた一般化
 差異を持つ意味――比較帝国論の観点から
 

重要人物略歴一覧(中国新疆ウイグル自治区編)
重要人物略歴一覧(ソ連カザフ共和国編)


National Self-Determination and National Unity:
Ethinic-Minority Elites in the Soviet Union and the People's Republic of China
Jun KUMAKURA


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。