大学出版部協会

 

 署名時声明をめぐる議会との攻防大統領が変えるアメリカの三権分立制

大統領が変えるアメリカの三権分立制 署名時声明をめぐる議会との攻防

A5判 256ページ
価格:5,720円 (消費税:520円)
ISBN978-4-13-036255-9 C3031
奥付の初版発行年月:2015年08月

内容紹介

現代アメリカの大統領は,議会や裁判所とのバランスのなかで,いかにして自らの権力を維持拡大しようとしているのか.大統領が法案に署名する際に付与する署名時声明が活用されるようになったメカニズムを解明し,三権分立制に生じている変化を明らかにする.


目次

序 論 「大統領中心の政治」の終わり
 第1節 議会の協力を得られない大統領の決断
 第2節 本書の目的と分析手法
 第3節 本書の構成
第1章 署名時声明とアメリカ大統領制の変容
 第1節 憲法秩序における大統領の位置づけの変容
 第2節 「現代的大統領制」を超えて
 小括
第2章 カーター政権による署名時声明の転用
 第1節「議会の復権」と議会拒否権
 第2節 署名時声明による議会拒否権規定の一方的な読み替え
 第3節 カーター政権を支えた法律論
 小括
第3章 レーガン政権による署名時声明の継受
 第1節 チャダ判決をめぐる大統領と議会の対応
 第2節 法の不執行をめぐる議会との対立
 小括
第4章 レーガン政権による署名時声明の転用
 第1節 署名時声明に対する認識の変化
 第2節 保守的法律家による署名時声明の改革
 第3節 署名時声明による大統領の法解釈の伝達
 小括
第5章 レーガン政権後の署名時声明の継受と変容
 第1節 ジョージ・H.W.ブッシュ政権による署名時声明の継受と洗練
 第2節 クリントン政権による署名時声明の選択的継受
 第3節 ジョージ・W.ブッシュ政権による署名時声明の濫用
 第4節 オバマ政権による署名時声明の抑制的運用
 小括
結 論 単独で政策変更を試みる大統領
 第1節 政策変更手段の必要性
 第2節 大統領権力の自己増殖と自己正当化
 第3節 大統領が変える三権分立制
Appendix
A.署名時声明の分類方法
B.重要立法の基準
参考文献
あとがき
索引(人名・事項)


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。