大学出版部協会

 

犯罪被害者の司法参加と量刑

犯罪被害者の司法参加と量刑

A5判 392ページ
価格:8,800円+税
ISBN978-4-13-036149-1 C3032
奥付の初版発行年月:2016年04月

内容紹介

被害者の司法プロセスへの参加は,裁判で下される判決に影響を及ぼすのか,あるいは及ぼさないのか.本書は,法社会学および心理学の知見をふまえ,被害者にかかわるどのような要素が量刑判断を左右するのか,実証的に分析する.従来の研究に見直しを迫る「法と心理学」の到達点.


目次

はじめに
0-1.はじめに
0-2.日本における被害者保護の動向
0-3.本書の課題と検討方法

第1部 被害者による刑事司法への参加をめぐる状況と量刑への影響
第1章 日本
 1-1.日本における被害者の刑事裁判への参加
 1-2.日本における研究状況
 1-3.小括
第2章 アメリカ
 2-1.VISの概要
 2-2.VISが量刑に及ぼす影響に関する研究
 2-3.小括
第3章 オーストラリア,イギリス
 3-1.オーストラリアにおける状況
 3-2.イングランドおよびウェールズにおける状況
 3-3.スコットランドにおける状況
 3-4.小括
第4章 模擬裁判研究
 4-1.導入
 4-2.模擬裁判研究実施方法の特徴
 4-3.模擬裁判研究の知見
 4-4.模擬裁判研究の問題点とそれへの対応
 4-5.小括
第5章 先行研究の知見とその含意
 5-1.英米法圏における実証研究の知見の総括
 5-2.これまでの議論の取りまとめ

第2部 理論的検討
第6章 心理学の視点から
 6-1.公正の心理学の視点から
 6-2.帰属研究の視点から
 6-3.感情研究の視点から
 6-4.身元の分かる被害者効果の視点から
 6-5.進化心理学の視点から
第7章 裁判官の量刑判断と数値換算——その心理学的考察
 7-1.裁判官の量刑判断とバイアス
 7-2.具体的な数値としての量刑判断
第8章 知見の総括とその含意
 8-1.理論的検討の総括
 8-2.先行研究の知見の再検討

第3部 実証研究
第9章 被害者参加による影響のメカニズム
 9-1.「被害者参加が量刑判断に及ぼす影響」の意味
 9-2.被害者関連情報の分類
 9-3.小括
第10章 制度利用と量刑
 10-1.実験の実施方法
 10-2.分析結果
 10-3.小括
第11章 被害者感情と量刑
 11-1.問題関心
 11-2.実験の実施方法
 11-3.分析結果
 11-4.分布グラフに対する反応の違い
 11-5.小括
第12章 自動車事故事件の記録調査
 12-1.研究の目的および方法
 12-2.分析結果
 12-3.意見陳述制度以外の被害者関与との関連
 12-4.意見陳述制度と量刑判断との関係についての質的検討
 12-5.総合考察
 12-6.本調査の限界と今後の課題
第13章 まとめ
 13-1.実証研究の知見のまとめ
 13-2.心理学モデルとの関連
 13-3.本研究のまとめ
 13-4.課題への回答
 13-5.今後の課題

あとがき
参考文献
索引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。