大学出版部協会

 

 その世界観と外交UP plus バイデンのアメリカ

UP plus
UP plus バイデンのアメリカ その世界観と外交

A5判 242ページ
価格:2,750円 (消費税:250円)
ISBN978-4-13-033303-0 C1031
奥付の初版発行年月:2022年04月 / 発売日:2022年04月下旬

内容紹介

トランプ前アメリカ大統領を僅差で破り、2021年1月に就任したバイデン大統領。就任2年目を迎え、バイデン政権は内政・外交ともになにを目指すのか? 超大国アメリカの実像を気鋭の研究者が読み解く、アメリカ研究の最前線。

著者プロフィール

佐橋 亮(サハシ リョウ)

東京大学東洋文化研究所准教授

鈴木 一人(スズキ カズト)

東京大学公共政策大学院教授

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

はじめに(佐橋 亮)

I バイデン政権の世界観
 バイデン政権の世界観と外交(植木千可子・高橋杉雄・鈴木一人)
 バイデンの非・世界観外交(中山俊宏)
 内政と連動する外交――「中間層外交」を中心に(渡辺将人)
 民主主義重視が意味することとは?(市原麻衣子)
 ミドルクラスのための経済安全保障(鈴木一人)     
 多中心的な気候変動ガバナンスにおけるアメリカの国際協調外交(西谷真規子)    
 介入しないアメリカ?――新しい世界関与の模索(三牧聖子)    
 民主党政権の価値重視外交はどこからくるか(岡山 裕)                      

II バイデン外交の実像と世界の対応
 アジアと世界はどう変わっていくのか(白石 隆・江藤名保子・佐橋 亮)
 大戦略の漂流――冷戦後アメリカの大戦略と対中政策(前田祐司)
 冷戦終結後の米軍の兵力計画の変遷
   ――中露との戦争を想定した計画への移行と今後の展望(福田 毅)
 日米関係の第三の転機――中国と国際秩序をめぐって(佐橋 亮)               
 バイデン政権下の米韓関係(辛星昊/益子賢人訳)
 バイデン政権と東南アジア――米中対立の「アリーナ」(神保 謙)
 バイデン政権と欧州――米欧関係はいかに変容し、どこに向かうのか(鶴岡路人)     

おわりに(鈴木一人)


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。