大学出版部協会

 

 圧力と抵抗の2010年代香港政治危機

香港政治危機 圧力と抵抗の2010年代

四六判 464ページ
価格:3,520円 (消費税:320円)
ISBN978-4-13-033110-4 C1031
奥付の初版発行年月:2021年09月 / 発売日:2021年09月下旬

内容紹介

自由都市・香港はなぜこのような事態に陥ったのか――.一国二制度で高度な自治権を有していた香港が,2020年の7月に「国家安全維持法」の施行によって大きく変質した.この状況を,香港政治研究の第一人者である著者が,あらゆる角度から分析し,香港危機の深層に迫る.香港情勢分析の最新成果.

著者プロフィール

倉田 徹(クラタ トオル)

立教大学法学部教授

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序 章 香港政治危機はなぜ起きたか

第一章 中央政府の対香港政策――鄧小平の香港から,習近平の香港へ
 はじめに
 1 鄧小平の香港――「資本主義の香港」
 2 江沢民の香港――「相互不干渉の香港」
 3 胡錦濤の香港――「和諧社会の香港」
 4 習近平の香港――「国家の安全の香港」
 おわりに 

第二章 香港市民の政治的覚醒――経済都市の変貌
 はじめに
 1 政治的無関心論の再検討
 2 政治的覚醒の背景
 3 雨傘運動とその限界
 4 雨傘運動後の若者の運動と思想
 おわりに

第三章 「中港矛盾」の出現と激化――経済融合の効果と限界
 はじめに
 1 「中港融合」とその副作用
 2 香港人意識の強化
 3 価値観の相違
 おわりに

第四章 民主化問題の展開――制度設計の意図と誤算
 はじめに
 1 香港民主化問題の特徴
 2 「基本法」の枠組み――北京の意図
 3 返還後の制度変更――誤算と対策
 おわりに 

第五章 自由への脅威――多元的市民社会と一党支配の相克
 はじめに
 1 自由な社会とその起源
 2 中国共産党政権と香港市民社会
 3 抵抗と弾圧
 おわりに

第六章 加速する香港問題の「新冷戦化」――巻き込み,巻き込まれる国際社会と香港
 はじめに
 1 香港「一国二制度」の外部環境
 2 急激な外部環境の変化
 3 「新冷戦」下の香港危機
 おわりに

終 章 「国安法」後の香港
 1 「国安法」の衝撃
 2 「中国式」選挙制度の導入
 3 「国安法」後の香港の未来像


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。