大学出版部協会

 

 分極化の行方アメリカ政治の地殻変動

アメリカ政治の地殻変動 分極化の行方

A5判 344ページ
価格:5,060円 (消費税:460円)
ISBN978-4-13-030182-4 C3031
奥付の初版発行年月:2021年11月 / 発売日:2021年11月中旬

内容紹介

トランプ時代に分断を深めたアメリカはどこへ向かおうとしているのか。分断を乗り超えられるのか。分極化を軸に、制度やアクター、政治的インフラストラクチャー、政策に焦点を当てて、左右のポピュリズムの台頭に揺れるアメリカ政治の変化を読み解く。

著者プロフィール

久保 文明(クボ フミアキ)

防衛大学校長、東京大学名誉教授

中山 俊宏(ナカヤマ トシヒロ)

慶應義塾大学総合政策学部教授

山岸 敬和(ヤマギシ タカカズ)

南山大学国際教養学部教授

梅川 健(ウメカワ タケシ)

東京都立大学法学部教授

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序 論 現代アメリカ政治の地殻変動――二大政党主流派連合の変容(久保文明)

第1部 政治制度の変容
第1章 権力分立――なぜ大統領は「行政権」を持たないか(岡山 裕)
第2章 大統領制――分極化の進展と議会を迂回する大統領(梅川 健)
第3章 連邦議会――福祉国家と政党の変容(平松彩子)
第4章 官僚制――行政統制としての官僚制改革(菅原和行)
第5章 連邦制――連結される連邦と州の政治(梅川葉菜)

第2部 アクターをめぐる変化
第6章 女性――連邦議会における女性議員数増加の意味(中林美恵子)
第7章 黒人――ブラック・ライブズ・マター運動からみる人種状況(荒木圭子)
第8章 宗教――世俗化の進行と党派対立の行方(飯田連太郎)
第9章 選挙――キャンペーン戦略の変遷と新技術をめぐる課題(渡辺将人)

第3部 政治的インフラストラクチャーの変容
第10章 シンクタンク――政策エリートの変容(宮田智之)
第11章 労働組合――法的権利をめぐる党派対立の激化(松井孝太)
第12章 メディア――「メディアの分極化」の出口はあるのか(前嶋和弘)
第13章 ソーシャルメディア――保守派に広まる新たなリベラル・バイアス批判(清原聖子)

第4部 政策的対立軸の変化
第14章 移民――トランプ政権期の分断を乗り越えることは可能か(西山隆行)
第15章 警察――分極化と「警察の軍隊化」の政治争点化(西川 賢)
第16章 医療――皆保険をめぐる政策的収斂と政治的分極化(山岸敬和)
第17章 エネルギー/環境――安全保障から持続可能性、そして公正へ(杉野綾子)
第18章 日米関係――同盟をめぐる世論と政治エリート(小濵祥子)
第19章 米中関係――三つの外交エリート勢力の「反中コンセンサス」と二つの国際主義(森 聡)

第5部 分極化の先に
第20章 政治教育――トランプ以降の公民教育と民主主義(山脇岳志)
第21章 中道派――ニュー・デモクラット/「第三の道」とその後(新田紀子)
第22章 思想――トランプ後のイデオロギー状況(中山俊宏)


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。