大学出版部協会

 

 集団安全保障の「再発見」国際連盟と日本外交

国際連盟と日本外交 集団安全保障の「再発見」

A5判 272ページ
価格:5,720円 (消費税:520円)
ISBN978-4-13-026353-5 C3021
奥付の初版発行年月:2021年03月 / 発売日:2021年03月下旬

内容紹介

満洲事変から日中戦争期に,日本外交が国際連盟をいかに捉え,どのように対応してきたのかを集団安全保障の観点から検討する.連盟脱退後,「連盟と併存可能な脱退国」路線の模索から断念にいたる過程を詳述し,連盟外交の軌跡を跡付ける.日本外交における集団安全保障観の変遷に着目し,戦前戦後をつなぐ.

著者プロフィール

樋口 真魚(ヒグチ マオ)

成蹊大学文学部専任講師

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序 章 戦間期日本における国際連盟
一 国際秩序と日本外交
二 本書の目的と視角――集団安全保障への対応としての連盟外交
三 先行研究と本書の構成

第一章 満洲事変下の連盟外交――集団安全保障の「再発見」
はじめに
一 アメリカ連盟理事会招請問題をめぐる攻防
二 連盟規約第一五条適用問題をめぐる攻防
三 外交敗戦と国際連盟脱退
小括

第二章 九ヵ国条約と集団安全保障――「満洲国」承認問題をめぐって
はじめに
一 国際連盟と満洲国不承認
二 九ヵ国条約の再発見
三 桎梏としての九ヵ国条約
小括

第三章 連盟外交の再構築を目指して
    ――「連盟と並存可能な脱退国」と「連盟を排除した脱退国」のはざまで
はじめに
一 連盟派外交官と対連盟関係修復の試み
二 エチオピア戦争と政策対立の発生
三 法律顧問(リーガル・アドバイザー)たちの連盟外交
小括

第四章 モントルー会議と省内対立の解消
     ――「連盟と並存可能な脱退国」路線の巻き返し
はじめに
一 連盟援用条項問題の浮上
二 連盟援用条項問題の争点化
三 連盟援用条項問題の帰結
小括

第五章 国際連盟への期待と不満――通商均等待遇問題をめぐって
はじめに
一 通商均等待遇問題の浮上
二 連盟外交の始動と日本の反撃
三 二国間交渉から連盟外交へ
小括

第六章 日中戦争下の連盟外交――集団安全保障の拒絶へ
はじめに
一 集団安全保障の動揺と国際連盟
二 ブリュッセル会議と集団安全保障
三 連盟外交の終焉
小括

終 章 日本外交にとっての国際連盟
一 集団安全保障との格闘
二 戦時・戦後への展望


The League of Nations and Japanese Diplomacy:
The Rediscovery of Collective Security
Mao HIGUCHI


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。