大学出版部協会

 

 商館長ステュルレルの日記とメイラン日欧貿易概史一九世紀のオランダ商館 上

一九世紀のオランダ商館 上 商館長ステュルレルの日記とメイラン日欧貿易概史

A5判 544ページ
価格:9,680円 (消費税:880円)
ISBN978-4-13-026351-1 C3021
奥付の初版発行年月:2021年02月 / 発売日:2021年02月上旬

内容紹介

長崎平戸にあったオランダ東インド会社の日本商館長の日記を翻訳し,注釈と解説を付ける.上巻は1824年から1826年までの商館長ステュルレルの日記にくわえ,商館長メイランが複雑な日蘭貿易の実態を記した概説書の翻訳を採録する.近世日本の対外関係を理解する一級のオランダ語史料を解読する.

著者プロフィール

松方 冬子(マツカタ フユコ)

東京大学史料編纂所准教授

西澤 美穂子(ニシザワ ミホコ)

専修大学文学部兼任講師

田中 葉子(タナカ ヨウコ)

東京都北区教育委員会文化財専門員

松井 洋子(マツイ ヨウコ)

東京大学史料編纂所教授

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序 説 一八二四—一八三三年の長崎オランダ商館(松方冬子)

商館長ステュルレルの日記(日蘭交渉史研究会訳)
第一章 ステュルレル 商館長日記(その一) 
     一八二三年一一月二〇日―一八二四年一二月七日
第ニ章 ステュルレル 商館長日記(その二) 
     一八二四年一二月七日―一八二五年一二月二〇日
第三章 ステュルレル 商館長日記(その三) 
     一八二五年一二月二〇日―一八二六年四月三〇日
第四章 フィッセル 留守日記 
     一八二六年二月一五日―一八二六年七月七日

上巻 底本 解題(松井洋子)

メイラン日欧貿易概史

第五章 オランダ人の貿易 第二期 一六四一年―一六八五年
第六章 オランダ人の貿易 第三期 一六八六年―一七四三年
第七章 オランダ人の貿易 第四期 一七四四年―一七九〇年
第八章 オランダ人の貿易 第五期 一七九一年―一八二〇年
第九章 以上の歴史的概観からの教訓や今後の対策

附録


The Dutch Trading Post in Nagasaki, 1824-1833, Vol.1:
Japanese Translation of the Diary Kept by J.W.de Sturler and
of Parts of G.F.Meijlan's Geschiedkundig Overzigt van Handel
der Europezen op Japan
MATSUKATA Fuyuko, NISHIZAWA Mihoko, TANAKA Yoko,
and MATSUI Yoko, Editors
Japanese Transration by The Society for the Historical Study
in Dutch-Japanese Relationship


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。