大学出版部協会

 

 未来につなぐ近現代の歴史歴史に向きあう

歴史に向きあう 未来につなぐ近現代の歴史

四六判 288ページ
定価:3,400円+税
ISBN978-4-13-026350-4 C3021
奥付の初版発行年月:2020年01月 / 発売日:2020年01月下旬

内容紹介

歴史問題の解決につながるための「歴史の共有」はいかに実現するのか.歴史解釈,歴史的事実,歴史史料の三つの側面を取りあげ,それらに向き合うことを通して歴史学の真髄に迫る.歴史を対立の火種にするのではなく,和解の糧にするための歴史学入門書.

著者プロフィール

黒沢 文貴(クロサワ フミタカ)

東京女子大学現代文化学部教授

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

はじめに
 一 本書は何を問題にするのか
 ニ 本書で取り扱う内容

第一部 歴史を歴史にする――対立の火種から和解の糧へ

第1章 昭和戦前期の歴史にどのように向きあってきたのか――「戦争の構造」と「歴史の構造」をめぐって
 はじめに
 一 昭和戦前期理解の原型としての共同謀議論――東京裁判史観
 ニ 学界主流としての天皇制ファシズム論――講座派的マルクス主義史学
 三 日米戦争論への批判としての一五年戦争論
 四 天皇制ファシズム論批判としての革新派論
 五 実証研究の隆盛と戦争責任意識および政治性
 おわりに

第2章 再び昭和戦前期の「戦争の構造」を考える
 一 歴史認識の分裂か,多様な歴史認識の共存か
 ニ 政治性のまとわりついた歴史認識
 三 「歴史」の「政治化」と実証研究,そして「歴史」の「政治化」の「国際化」
 四 昭和期の戦争の複雑さ
 五 昭和期の「戦争の構造」をどのように理解するのか
 六 「歴史を忘れない」ことからくる対立と和解

第3章 歴史と和解――「歴史」の「政治化」から「歴史」の「歴史化」へ
 一 「和解」の揺らぎと「歴史」の「政治化」
 ニ 個人の和解と集団の和解――「憎悪」からの解放,そして心と心の和解
 三 和解の国際比較――いかにしたら「和解」は可能か
 四 和解の共通性・双方向性と歴史解釈の開放性・可変性

第二部 歴史の記憶と記録を継承する――国内外における歴史の共有に向けて

第4章 デジタル・アーカイブがすすめる歴史史料の共有――アジア歴史資料センターの設立と役割
 はじめに
 一 なぜアジア歴史資料センターは設立されたのか
 ニ いかにしたらアジア歴史資料センターにアクセスしてもらえるのか
 おわりに

第5章 歴史を知り,学ぶ場としての歴史博物館――舞鶴引揚記念館とユネスコ世界記憶遺産
 一 引揚港としての舞鶴
 ニ なぜ舞鶴引揚記念館が設立されたのか
 三 ユネスコ世界記憶遺産への挑戦
 四 登録資料の世界的な重要性
 五 登録資料の希少性
 六 世界記憶遺産登録の意義
 七 歴史博物館としての舞鶴引揚記念館――おわりにかえて

第三部 歴史を記録し史料とする――公文書,私文書,証言記録

第6章 歴史史料としての公文書――占領期までの外交記録の残り方
 はじめに
 一 外務省文書行政の基礎確立期――太政官時代
 ニ 外務省文書行政の展開期――内閣制度創設以降
 三 外務省文書行政の発展期――第一次世界大戦以降
 四 外務省文書行政の困難期――戦争と占領
 おわりに

第7章 歴史史料としての日記
 一 近代以降の日記と日記帳
 ニ 史料としての日記
 三 おわりにかえて

第8章 文書史料とは異なる歴史史料――オーラル・ヒストリーとしてのGHQ歴史課陳述録
 はじめに
 一 戦史編纂とGHQ参謀第二部歴史課の成立
 ニ GHQ参謀第二部歴史課と旧日本軍将校
 三 マッカーサー戦史の編纂
 四 陳述録について
 おわりに

補章 歴史を紡ぎ編む

おわりにかえて――歴史と時間
 一 何年くらい前の出来事が歴史になるのか
 ニ 枢要な史料はいつ人の目に触れるようになるのか
 三 歴史を次世代にどのように継承するのか
 四 人の心の中に平和のとりでを築くために――歴史と和解,そして時間


Learning History, Confronting History
Fumitaka KUROSAWA


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。